サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

龍島港【アオリイカ/クロダイの釣り場】

龍島堤防の入口

龍島港(りゅうしまこう)

 
鋸南町竜島の「龍島港」はトイレ、広い駐車場があるファミリーフィッシング向きの釣り場です。
※駐車場が満車の場合は龍島海岸駐車場を利用してください。
路上駐車はできません。

主な釣り物はアオリイカ、コウイカ(スミイカ)、クロダイ、アジ、メバルなどです。釣り場は沖に長い竜ケ崎新堤防、新堤防根元の岸壁、竜島港の堤防の3カ所です。
 
龍島堤防はアオリイカとコウイカの人気ポイントですが、一番釣れる時間帯の15:00~7:00は釣り禁止となっています。夜釣りはできません.nbsp;

竜ケ崎新堤防

 
水深は3m~4.5mと深くはありませんが、アオリイカとクロダイの人気ポイントです。
 

アオリイカ、コウイカ

釣季は3月から11月、ポイントは先端付近で先端右側に釣り人が集中します。
 

クロダイ

釣季は一年中。春先の乗っ込み期は2kクラスの大型、夏から秋にかけてはカイズの数釣りができます。水深が浅いので潮が濁ったときがチャンス。釣り方はダンゴ釣りまたはフカセ釣り。
ダンゴは濁りの強いタイプで、這わせ釣りがおすすめ。
 

アジ・メバル

ソフトルアーでアジング、メバリングをするとカマスも混じります。カゴ釣りもおすすめです。
 

イナダ・ソーダガツオ

釣季は7月~10月、先端にナブラが出たら入れ食いの大チャンス。ルアーは弓角、ミノー、メタルジグ。カゴ釣りでも釣れます。
 

シロギス

周年釣れますが、特に4月~12月が有望。投げ釣りで遠投有利です。
 
竜ケ崎新堤防の入口
 
堤防右側のポイントが人気です。
堤防右側のポイント
 
堤防にイカの墨跡が多い日は有望です。
イカの墨跡イカの墨跡

 

新堤防根元の岸壁

 
水深は3.5mから4.5m。ファミリーフィッシング向き。トリックサビキでアジ、サバ、イワシがおすすめ。
竜島港
 
トリックサビキの釣果。アジ、小サバ、カタクチイワシ、タカベ、ギンポが釣れています。常にコマセが効いているので、小メジナも多いポイントです。
本日の釣果(タカベ・サバ)本日の釣果(アジ・カタクチイワシ)

 

龍島港

内側はの釣り物は岸壁と同じ。外側は波消しブロックが入っているのでベテラン向きのポイント。フカセ釣りでクロダイ、穴釣りでカサゴが釣れます。
竜島港内の堤防
 

公衆トイレ/駐車場

駐車場は広く、公衆トイレも近くにあります。
公衆トイレ
 

源頼朝上陸地 千葉県指定史跡

治承四年(1180年)八月、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は二十三日に安房国へ上陸。吾妻鏡によると「武衛(頼朝)、(土肥)実平を相具して、安房国平北群猟島(りょうしま)に着かしめ給う」
とあります。
 
九月十三日には安房国を出て鎌倉に向かったとありますが、この間20日です。安房国(南房総)には源頼朝の上陸地、立ち寄ったとされる場所が実に多くあります。
このサイトを運営して「治承四年、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は・・・」のくだりを何回書いたことか、頼朝は何人もいたのでしょうか?。例を挙げると
<鋸南町>
江月水仙ロード
鋸山日本寺
<南房総市>
岩井の大蘇鉄
安楽寺(南房総市丸本郷)
前田神社(南房総市前田)
厳島神社(南房総市小浦)
白浜野島崎
下立松原神社(南房総市千倉町)
莫越山神社(南房総市沓見)
平松城址
<館山市>
那古寺
八幡神社(館山市南条)
矢尻の井戸(館山市洲崎)
<鴨川市>
仁右衛門島
龍性院(鴨川市広場)
天津神明宮
白幡神社(鴨川市貝渚)
八幡神社(鴨川市貝渚)
 
本当はまだまだたくさんあります。
頼朝上陸地の案内
 

駐車場の猫

 
駐車場には人懐っこい猫がたくさんいて、車を降りるとニャーと鳴きながら近寄ってきます。家猫か野良なのかは分かりません。
近づいてくる猫
 
猫が近くに来たら子どもも来て一緒に遊んでいました。
子供とたわむれる猫2匹の猫

 
猫の座り方にも色々あるようです。左下が「香箱座り」手を内側に折り曲げて座るスタイルです。右下は「横座り」、この他にも「スフィンクス座り」「エジプト座り」「スコ座り」などがあります。
香箱座り横座り

 


 

周辺のおすすめ飲食店

 
3103コロッケ
 竜島港から徒歩5分のコロッケカフェ。ここのコロッケは絶品!!
 
キャロット
 竜島港から徒歩7分の洋食店。ちょっと値が張りますが、和牛サーロインステーキがおすすめ。リーズナブルなランチもあります。
 
魚竹商店
 竜島港から徒歩7分の鮮魚店。飲食店ではありませんが、「かじきの塩辛」はおすすめ!!。テレビでも放映された名物。

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています