サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

勝山かかり釣りセンター【和田釣具店】

生け簀前のポイント

勝山かかり釣りセンター(かつやまかかりつりせんたー)

 
安房郡鋸南町の「勝山かかり釣りセンター(和田釣具店)」はクロダイのかかり釣り場です。かかり釣りは、三重県、和歌山県などでは数多くありますが、関東地方では、ここ勝山かかり釣りセンター、南房総市富浦町の富浦漁協かかり釣り場、三浦半島長井かかり釣りセンターの3か所しかなく、極めて貴重な釣り場です。
 

かかり釣りとは

 
海上に船や筏を固定し、付けエサをダンゴで包みクロダイを釣る釣り方。ダンゴの役割は集魚。付けエサを海底まで守る。濁りを発生させ魚の警戒心を解くなど、極めて重要です。
船をアンカーで固定する釣り方をカセ釣り、筏の上に乗って釣る釣り方を筏釣りといいますが、どちらも同じ釣り方です。
 

竿・リール

イカダ専用の1.3m~1.8m。穂先は0.3mm~0.5mmと繊細。リールは筏用か太鼓型。
 

仕掛け

道糸1.5~2号を通しで使い、おもりはガン玉のみととてもシンプル。針はチヌ針の1号~4号を状況に応じて使い分けます。
 

ダンゴ

ヌカ、オカラなどが入った筏用の配合餌がベース。これにアミエビ、サナギ粉、麦などを混ぜて使います。
海水を多く入れると粘りが出てダンゴが割れにくくなります。基本はバサバサの状態です。
※勝山かかり釣りセンターでは、ヌカ、赤土の使用は禁止です。
 

付けエサ

オキアミ、アケミ貝、カラス貝、コーン、サナギ、モエビ、ボケジャコ、練り餌など数種類用意し、ローテーションしながら使い分けます。
 

釣り方

付けエサをダンゴで包み海底まで落とします。数十秒から1分でダンゴが割れ、付けエサに魚が食いつきます。ダンゴが割れると穂先が2cm程抑え込まれるので、大きく合わせを入れます。クロダイは口が硬いので強く合わせないと途中で針がはずれてしまいます。
ボラやアイゴなどの外道が多い場合は、エサを海底に這わせる釣り方が有効。クロダイが中層に浮いている場合は途中でダンゴを割りエサを落とし込んで行く釣り方が有効な場合もあります。
筏釣りの仕掛け
 
受付は勝山港内の和田釣具店。受付は日の出頃で季節により違います。出船は5:30~6:00、沖上がりは午後2:00~3:00。
 
釣果情報は釣りビジョンでチェック
和田釣具店
 
船着き場は店舗から海に向かって左側。ほぼ車横付けで荷物が運べるので便利です。1隻に4~5人乗船できます。
船着き場
 
今日のポイントは浮島裏の生け簀前。水深は7ヒロ。生け簀周辺は魚が寄る好ポイントです。他にはテトラ前などのポイントもあります。
生け簀前の朝日
 
これは今日のダンゴ。試験的にキャットフードを入れてみました。穴が空いているので付けエサにもなります。
ダンゴ餌キャットフード

 
目の前が浮島。穴の空いた岩がメガネ岩。周囲は最高のロケーションです。
第1投は6時過ぎ。朝の第1投はダンゴを付けずに、付けエサだけを海底に落とし込みます。かかり釣りではこれをモーニングと呼んでいます。モーニングはクロダイがいれば高確率で食ってきます。
 
いきなり第1投から掛かってきました。しかし・・・あと数mでハリスが切れてしまいました。
浮島とメガネ岩
 

かかり釣りの動画(youtube)

 
結論からいうとアイゴ(バリ)だらけで、チヌ(クロダイ)は釣れませんでしたが、雰囲気だけ動画でお伝えします。
水面下2mから海底までアイゴだらけです。オキアミ、イソメ、コーン、キャットフードどれを使ってもダンゴが割れるとすぐにアイゴが食いついてきます。
こんな時はカラス貝があるといいかも知れません。

 

アイゴ(バリ)

 
勝山は特にアイゴが多い釣り場です。背中、腹ビレ、胸ビレには毒のある鋭い棘があり、刺されると激しく痛みます。もし刺されてしまったら、毒を吸い出し指を50度位のお湯につけます。
アイゴ(バリ)
 

シマダイ

 
石鯛の幼魚。小さくても引きが強いです。
シマダイ(石鯛)
 

カワハギ

 
肝が絶品の魚。
カワハギ
 
メガネ岩
 


 

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています