サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

ハバノリ【房州の食材】

ばばのりの雑煮

ハバノリとは

 
ハバノリは日本のほぼ全域に分布する海藻で、海岸の岩の上などで普通に見られます。日本各地の海沿いの地域ではなじみのある海藻ですが、流通量はそれほど多くはありません。房総では正月に食べると「一年中ハバを利かすことができる」と言われ、雑煮に欠かせない食材です。
 
生は茹でて味噌汁やサラダ。干したものは軽く炙り砕いてご飯にかけたり、味噌汁に入れたり広い用途があります。
磯に生えるハバノリハバノリの天日干し

 
通販では浅草海苔と同じように干したものが販売されています。価格は1枚何と1,000以上の超高級品。このような価格なので房州の家庭では「ハバノリは人からもらうもの」とされています。私は東京の寿司屋へおみやげに持っていったところ、味は良いけどこの値段では使えないと言われました。浅草海苔と比べてハバノリは、磯の香りが非常に強く旨味が強いなどの特徴があります。干したハバノリは浅草海苔の様に巻物にしたり餅に巻いたりすると固くて食べられません。
砕いてご飯にかけたり、味噌汁に入れるのが一般的です。
 
昔は海に出て自分達で採取していましたが、千葉県ではほとんどの場所で漁業権が設定されているので、漁業権のない人は採取することができませんハバノリを食べてみたいという人はお店で買うしかありません。
通販だと3枚で3,900円ととんでもない価格なので、海辺の海産物や農産物直売所で購入してください。これだと1枚250円から500円位で購入できます。
私が知っているのは次の店です。
・南房総市千倉町瀬戸浜瀬戸浜まんぼう
・南房総市千倉町宇田畑の八百屋さん
 
ハバノリ漁は12月~1月の夜間に行われます。手作業で摘みとり、根の部分を切り取り砂や貝を洗い流し、2cm位に刻んで簀の子に並べ天日干しにします。このようにすべて手作業なので非常に高価になってしまうのです。
余談ですが、ハバノリやアオサノリは、メジナやブダイ釣りのエサにも使われます。オキアミなど動物性のエサに比べて釣れれば大型です。しかしアタリは少なくなるので退屈します。
干したハバノリ
 
【学名】幅海苔(Petalonia binghamiae)
    褐藻綱カヤモノリ目カヤモノリ科セイヨウハバノリ属
【地域名】ハバノリ、ハンバノリ
【旬】12月から1月

 

ハバノリの食べ方

 

雑煮

はばのりの雑煮

ダシや具材は各家庭で違うと思います。今回は南房総の特産品である菜花を入れてみました。
雑煮の中に細かく砕いたハバノリを入れます。生でも乾燥したものでも構いません。

ハバノリの佃煮

ハバノリのつくだに

ババノリをオーブントースターで緑色になるまで焼き(緑色にならないやつもあります)なるべく細かく砕きます。
砕いたハバノリを醤油、酒、砂糖で煮詰めます。市販品とは比べ物にならないくらい磯の香が強い佃煮ができます。

ハバノリの味噌汁

ハバノリの味噌汁

生でも焼いたものでも構いません。磯の風味たっぷりの味噌汁です。

ハバノリの卵かけご飯(TKG)

ハバノリの卵かけご飯

砕いたハバノリを卵かけご飯にたっぷりと入れます。ゴマ油を入れるのがポイント。
1杯500円以上になる贅沢な卵かげご飯。絶対におすすめです!

ハバノリの蕎麦

ハバノリのそば

普通の海苔の代わりに焼いたハバノリを入れます。そのまま食べると硬いので汁に漬けてから食べます。うどんにもピッタリです。

ハバノリラーメン

ハバノリラーメン

ハバノリの入ったラーメン。飲食店で常時ハバノリを使った料理を提供している店は多くはありません。
私が唯一知っているのは、南房総市白浜町のお食事喫茶ことぶきのみ
このお店は、マツノリラーメン、サザエカレー、焼きさんが定食なども提供しています。

ハバノリの茶碗蒸し

ハバノリの茶碗蒸し

砕いたハバノリを入れてみました。海の香りの茶碗蒸しです。
卵とダシの割合は1:3で作りました。IHだと5で5分3で7分、これで失敗したことはありません。

ハバノリの寿司

ハバノリの寿司

生のハバノリを茹でて酢飯の上に乗せます。これは館山市北条の麺屋でんでんで食べたものです。
シンプルですが酢飯と磯の香がピッタリ。

ハバノリのふりかけ

ハバノリのふりかけ

ハバノリ、ジャコ、鰹節などをフライパンで炒めます。仕上げに少し醤油を垂らします。
大根の葉が余っていたので、刻んで入れてみました。白いご飯にピッタリのふりかけです。

ハバノリ炒飯

ハバノリのチャーハン

ゴマ油とハバノリを使って韓国海苔風にしてみました。この炒飯は美味いのですが、ハバノリの風味を感じません。
長く炒めると海苔の風味が飛んでしまうのでしょうか。二回作ってみましたが、やっぱり同じです。
最後にハバノリを加えた方が良いかも知れません。

ハバノリのごんじゅう

ハバノリのごんじゅう

ごんじゅうは、安房国司祭(やわたんまち)の際に神輿の担ぎ手に振舞われる郷土料理。簡単で美味しいので是 非作ってみてください。

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています
伊勢海老料理4種類 伊勢海老(房州海老)【房州の食材】

房州の食材シリーズ。全国でもトップクラスの水揚げを誇るイセエビを使って色々な料理を作ってみました。

イノシシの解体の様子 館山ジビエセンター【TGC】

館山ジビエセンター(たてやまじびえせんたー)   南房総・上総途方では、人口の減少に反比例してイノシシ、シカ、キョン、サル、ハクビシンなどの野生動物が増え続け農作物の被害が深刻化しております。 当サイトにもしば […]

伊勢海老の水揚げの様子 ガナゾー(オニヤドカリ)を食す

南房総市千倉町忽戸。ガナゾー(やどかり)を食べました。食べた後水を飲むと甘く感じる、食べた後煙草を吸うと美味しく感じるというのは本当なのか?

そら豆の箱売り 空豆/蚕豆【房州の食材】

温暖な南房総では多くの野菜が生産されていますが、その中でも代表的なのが空豆、菜花、落花生ではないでしょうか。今回は空豆について調べて、色々な料理を作ってみました。   空豆とは   参考サイト:Wik […]

シッタカの身 バテイラ(しったか貝)【房州の食材】

とても美味しい貝。

ひざら貝の表と裏 ひざら貝を食す【房州の食材その2】

マイナーな食材「ひざら貝」を食べてみました。

あわびの酒蒸し あわび【房州の食材】

活けのトコブシとアワビを使って酒蒸しを作り食べ比べてみました。味はどの位違うのか?

鯨の色々な部位 鯨(くじら)【房州の食材その1】

南房総市和田町。南房総市和田町には日本に4ヶ所しかない捕鯨基地があります。色々な部位を調理して実際に食べてみました。