サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

ごんじゅう【房州の郷土料理】

ごんじゅうのおにぎり

ごんじゅう

 
「ごんじゅう」は安房地方最大の祭りであるやわたんまち(安房国司祭)の際、神輿の担ぎ手に振舞われる郷土料理で、館山市民のソウルフードです。
 
「ごんじゅう」は豚肉と油揚げ甘辛く煮つけてご飯に混ぜた料理で体力を使う担ぎ手のために濃いめの味付けとなっており、豚肉がたくさん入っているのでパワーがつきます。
この料理がいつ頃から作られるようになったのか、調べても分からなかったのですが、名前の由来は、5本の指×2=両手10本を使っておにぎりを作るから「ごんじゅう」と呼ばれるようになったといいます。
私は館山市に移住して7年になり、安房地方のことはそれなりに詳しくなったと思い込んでいましたが、「ごんじゅう」については一昨日知りました。まだまだ房州人になりきれていないようです。
 
それでは早速作ってみたいと思います。前回はやんごめで大失敗しているので、今回は成功させたいと思います。作り方を見る限り失敗の余地はほとんどないので、大丈夫だと思います。
参考にしたのは、農林水産省ホームページごんじゅう 千葉県 うちの郷土料理です。
このサイトのレシピは米5合であり、少人数の家庭では少し多いと思うので、3合用のレシピを併記します。
 

材料

 

米5合 米3合
5 3
水 (cc) 250 150
酒 (cc) 100 60
醤油 (cc) 150 90
みりん (cc) 50 30
砂糖 大さじ 3 1.8
カツオ節 50 30
豚バラ (g) 400 240
油揚げ (枚) 5 3

 

作り方

 
作り方はとても簡単です。汁物が入るので、米を炊く際に水を少なめにして通常より硬めに炊くのがコツです。
 
1.米を炊く
2.豚肉、油揚げを1cm角に切りそろえる
3.かつお節をフライパンで炒り細かく砕く
4.材料と調味料を鍋に入れて煮る
5.ご飯が炊きあがったら具材とご飯を混ぜる
6.おにぎりにする
 
豚肉と油揚げを均等に切る
豚肉と油揚げを切る
 
豚肉と油揚げを煮る。汁は材料より下。この時点で味はかなり濃いです。ご飯に混ぜるとちょうどよい味になります。
豚肉と油揚げを煮る
 
飯台などに具材とご飯を入れ混ぜる。切るように混ぜると粘りがでにくい。
具材をご飯と混ぜる
 

実食

 
祭りの際は、おにぎりにして食べるようなので、おにぎりにしました。
出来上がったごんじゅう
 
今回は3種類作って食べ比べててみました。右からプレーン、刻みネギ入り、ハバのり入り。
生姜や紅生姜を刻んで入れても美味しいと思います。
 
それでは、プレーンから食べてみます。これは・・・美味い!!
ちょっと濃いめの味で、カツオ節と豚バラの旨味が凄い。神輿を担ぎたくなるような味です。
 
ネギ入りもなかなかの味です。
ごんじゅうのおにぎり
 
これがハバノリ。通販で買うと1枚1000円以上の高級品。ただ、地元の人は「ハバノリは人からもらうもの」と言っているように、
このハバノリも頂いたものです。
 
ハバノリを緑色になるまで焼いて、砕いて、ご飯に混ぜて、握って食べてみます。
食べた瞬間に磯の香が口一杯に広がります。プレーンとは違った美味さです。
 

結論

 
今回「ごんじゅう」を初めて自分で作ってたべましたが、作り方は簡単、リーズナブル、そして美味い。
とても気に入ったので、定番料理に加えることにしました。
ハバノリ

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています
伊勢海老料理4種類 伊勢海老(房州海老)【房州の食材】

房州の食材シリーズ。全国でもトップクラスの水揚げを誇るイセエビを使って色々な料理を作ってみました。

イノシシの解体の様子 館山ジビエセンター【TGC】

館山ジビエセンター(たてやまじびえせんたー)   南房総・上総途方では、人口の減少に反比例してイノシシ、シカ、キョン、サル、ハクビシンなどの野生動物が増え続け農作物の被害が深刻化しております。 当サイトにもしば […]

伊勢海老の水揚げの様子 ガナゾー(オニヤドカリ)を食す

南房総市千倉町忽戸。ガナゾー(やどかり)を食べました。食べた後水を飲むと甘く感じる、食べた後煙草を吸うと美味しく感じるというのは本当なのか?

そら豆の箱売り 空豆/蚕豆【房州の食材】

温暖な南房総では多くの野菜が生産されていますが、その中でも代表的なのが空豆、菜花、落花生ではないでしょうか。今回は空豆について調べて、色々な料理を作ってみました。   空豆とは   参考サイト:Wik […]

シッタカの身 バテイラ(しったか貝)【房州の食材】

とても美味しい貝。

ひざら貝の表と裏 ひざら貝を食す【房州の食材その2】

マイナーな食材「ひざら貝」を食べてみました。

あわびの酒蒸し あわび【房州の食材】

活けのトコブシとアワビを使って酒蒸しを作り食べ比べてみました。味はどの位違うのか?

鯨の色々な部位 鯨(くじら)【房州の食材その1】

南房総市和田町。南房総市和田町には日本に4ヶ所しかない捕鯨基地があります。色々な部位を調理して実際に食べてみました。