サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

遠見岬神社【勝浦ビッグひな祭りの神社】

石段のひな人形

遠見岬神社(とみさきじんじゃ)

 
勝浦市浜勝浦の「遠見岬神社」はかつうらビッグひな祭りで有名な神社。参道入口は勝浦の朝市の会場の一角にあり、参拝客の多い人気の神社です。
読み方は「とおみさきじんじゃ」ではなく「とみさきじんじゃ」です。
 
駐車場は10台。近くに無料の市営駐車場もあります。

 

遠見岬神社概要

 
【旧社格】郷社(上総国夷隅郡)
【祭神】天富命(あめのとみのみこと)
【御朱印その他】御朱印、おみくじ、お守り、絵馬あり
【祭礼】
 ■かつうらビッグひな祭り
  毎年2月下旬から3月にかけて約2週間にわたり開催
 (2022年はコロナにより開催中止)
 ■勝浦大漁まつり(勝浦市秋の合同祭)
 9月第三土曜~月曜(敬老の日)の合同祭。
  神輿や屋台の出る日は各地区により異なります。
 ・川津区  川津神社
 ・浜勝浦区 遠見岬神社、八幡神社、西宮神社
 ・墨名区  熊野神社、貴船神社
 ・新官区  八坂神社
 ・沢倉区  八幡神社
 ・串浜区  春日神社
 ・松部区  武内神社
【由緒・沿革】(参考文献:房総の古社、勝浦市史、館山市史、房総の伊勢信仰)
初代の神武天皇の側近である天富命は天皇の命を受けて阿波地方(現在の徳島県)を開拓した後、更に良い土地を求めて、忌部氏を率いて館山の布良崎神社付近に上陸。忌部氏の祖神である天太玉命(ふとだまのみこと)を祀る社を建て、麻や穀を播き殖えを植え安房郡を開拓した。
 
現在千葉県に安房、勝浦、白浜など、阿波地方と同じ地名が多いのはこのためです。
 
天富命の没後、勝占忌部須須立命(かつらいんべすすたつのみこと)は、天富命の居住跡、八幡崎の富貴島に社殿を設立して祀ったのが遠見岬神社の始まりと伝わります。
 
慶長6年(1601年)など度重なる津波で資料は流失し、宮ノ谷に社殿を再建。創建年代は不明ですが平安時代の西暦800年頃とされています。元の富貴島は大半が水没し現在は平島となり赤い鳥居が建っているのみです。(下の写真)
 
・万治2年(1659年)領主の植村土佐守よって現在の「宮山」に社殿を再建
・明治四年(1871年)「富大明神」から「遠見岬神社」に改称。郷社に列せられる
・嘉永2年(1849年)社殿を再建
・平成十三年(2001年)かつうらビッグひな祭りが開催される
 

元社殿のあった元富貴島。津波で水没し、現在は平島と呼ばれている。

元富貴島
 

天富命を祭神とする主な神社

 
・館山市布良布良崎神社
・館山市大神宮安房神社 下の宮
・館山市洲宮洲宮神社主祭神は天富命の母「天比理刀咩命」
・南房総市白浜町下立松原神社主祭神は天富命の母「天比理刀咩命」

 


 

境内案内

 

参道入口

 
京葉銀行の近くに一の鳥居があり、ここが参道入口です。鳥居の形状は神明鳥居、建立は大正十五年(1926年)八月。
一の鳥居一の鳥居と社務所

 

社務所

 
一の鳥居の10mほど先右側に社務所があり、ご朱印、お守り、絵馬が販売されています。
また、ここでお水取りも受け付けています。
御朱印の売場(社務所)遠見岬神社の御朱印

 

石段

 
社務所先の60段の石段には毎年かつうらビッグひな祭りの時期になると、1500体以上のひな人形が並べられ40万人を超える観光客で賑わいます。
参道入口の石段
 

二の鳥居

 
最初の石段を上がった所に二の鳥居があります。形状は一の鳥居と同じ神明鳥居。年代は読み取ることができません。
この付近は台風の影響で2022年6月現在補修中となっています。
二の鳥居
 
二の鳥居の先は景観が良く勝浦湾を一望できる絶好の撮影ポイント。
二の鳥居の先の石段勝浦湾全景

 

三の鳥居

 
更に先へ進むとようやく三の鳥居が見えてきます。形状は一の鳥居や二の鳥居と異なり明神鳥居です。年代は読み取れません。
三の鳥居三の鳥居

 

常夜灯と神輿蔵

 
常夜灯は初めて見るタイプ。色も形も変わっています。建立は昭和二年(1927年)。
 

手水石

 
手水石は昭和四十九年(1973年)奉納。浜勝浦区と勝浦区氏子中とあります。
神輿蔵手水石

 
ようやく狛犬と拝殿が見えてきました。
拝殿
 

狛犬

 
狛犬の奉納は昭和三年(1928年)九月。勝浦鮮魚商組合の奉納です。
狛犬(左)狛犬(右)

 

拝殿

 
向拝には龍と獅子の彫刻が施されています。彫工師は読み取るのが難しく「東都? 島村?? 門人??」どうしても読み取れません。
インターネットで調べてみましたが分かりません。
拝殿
 

本殿

 
拝殿の後ろが本殿です。本殿の後ろにも石段があるので行ってみました。
 

末社

 
石段を上ると四の鳥居と末社が鎮座しています。形状は神明鳥居。年代は読み取ることができません。
末社について祭神などは不明。ブンブンと音がするので見てみるとミツバチが巣を作っていました。中にはハチミツがたくさん入っていると思われますが、神社なので開けるとバチが当たるので覗くことはできません。
 

かつうらビッグひな祭りの風景

 
かつうらビッグひな祭り開催中は、勝浦市芸術文化交流センター(キュステ)他、市内各所でひな人形を見ることができます。
神社前のひな人形体育館のひな人形

 
朝市前のひな人形

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています