サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

白浜海洋美術館【万祝と海の工芸品】

白浜海洋美術館の万祝

白浜海洋美術館(しらはまかいようびじゅつかん)

 
野島崎灯台横の「白浜海洋美術館」は大漁半纏、万祝(まいわい)や海に関する工芸品を展示する美術館。万祝の展示数は群を抜いており、別名「万祝美術館」とも呼ばれています。
主な展示品は、万祝、鯨に関する工芸品や絵画、海に関する工芸品などです。
 

万祝とは?

江戸時代に生まれた漁師の着る半纏で、房総半島で生まれ、その後太平洋各地の漁村に広まりました。万祝は船主や網元の年間売上げが千両以上になると、ボーナスとして年の暮れに船子に配ったとされています。美術館の案内の方の話では、「当時の千両は現在ではおおよそ8千万円で、10年に1度位このようなことがあったようです」。
 
万祝を着る風習は昭和30年頃まで続きましたが、現在は残されていません。しかし、大漁旗や現代ファッションにも活かされていて、昭和59年には千葉県指定伝統的工芸品に選定されています。
現在、鴨川市内には万祝いの染色技法を継承し販売する店が2件あり、インテリア、お祝い、海外へのおみやげとして人気があるそうです。
 
■まるごとeちば角田万祝染工芸
安房鴨川萬祝染元鈴染
 
白浜海洋美術館の建物は芝浦工大建築学科の元教授、石川洋美先生の代表作です。
白浜海洋美術館の外観
 
美術館入口には鯨の形をした鯨岩があり、鯨岩の上には「杉長墳」の石碑が建っています。杉長墳の杉長とは千倉生まれの俳人「井上杉長(1770~1828)」のこと。この碑は杉長の没後に門人の門人宇明・平雄・方壺・杉奴らにより天保4年(1833年)に建てられたたもので、墓は千倉町久保の雲龍寺にあり南房総市文化財に指定されています。
美術館入口の鯨岩井上杉長墳

 

鯨の絵画、浮世絵

左下の写真の大きな絵は歌川国芳の宮本武蔵の鯨退治。その左側の絵は同じく歌川国芳の愛出図會 どうぞよさせたい壱岐くじら。
写真には映ってはいませんが、葛飾北斎の「千絵の海 五島鯨突」もあり、この絵は切手になったり、海外オークションに出たりと大人気の浮世絵です。
 
右下の写真は左から月岡芳年の郵便報知新聞第八百三十二号で明治時代の大クジラを見世物にした風景。真ん中は歌川芳藤の海景宝の蔵人で江戸時代のホエールウォッチングの風景。右側は二代目歌川広重の諸国名所百景 肥前五島鯨漁の図。
歌川国芳 宮本武蔵の鯨退治歌川芳藤 海景宝の蔵入り

 
左下の写真は屏風(びょうぶ)上段は土佐光則のマッコウクジラ漁の様子を描いたもので解説によると、現在のところ国内で最も古い美術的捕鯨図とあります。下段は伊藤若沖(いとう じゃくちゅう)の捕鯨図。
 
右下の写真は、江戸時代の西国大名御船印で、参勤交代の折、瀬戸内海をパレードする時の船乗りの飾りつけです。
伊藤若沖 潮を吹くクジラ西国大名御船印

 
こちらはツチクジラの万祝。普段はもっと多くの万祝が展示されているようなのですが、現在は「クジラはアートだ!」のイベント開催中のため、万祝の展示は少なくなっていました。
ツチクジラの万祝
 

クジラの工芸品コーナー

 
クジラの歯や骨を使った印鑑、彫り物や古い本などが展示されています。昔からクジラは食べるだけでなく、骨や歯なども最大限に利用されてきました。くじらのひげは軽く弾力性があるため各種工業素材の他、高級和竿として利用されています。
鯨歯の工芸品コーナー鯨の印鑑や彫刻

 
こちらはクジラに関連した本のコーナー。絵本が多く、葛飾北斎の漫画もあります。
クジラ関係の古本コーナークジラ関係の古本コーナー

 
左下の写真は漁師が使う道具。出刃入れと、網の修理道具を入れて腰に提げる網針入れです。
左下の写真は千石船の船額。千石船(弁才船)とは江戸時代の大型の木造船、米を千石積めることから名付けられました。
漁師の道具千石船の船額

 
左下の写真は船絵馬。船乗りが海上安全を祈願して神社に奉納するものです。
右下の写真は離島の風俗画。
船絵馬離島の風俗画

 
左下の写真は、大漁旗の旗竿に付ける船頭飾り、網倉の鍵飾り(手作りのキーホルダー)、喫煙具、大庖丁細工
右下の写真は、クジラの絵柄の団扇。このなかの左下の竹で作った団扇は房州団扇です。
網倉の鍵飾りクジラの絵柄の団扇

 
左下の写真はクジラに関する陶器。アメリカ、ペルー、イギリス、インドネシアなど世界各国の陶器が展示されています。
右下の写真は七福神の福禄寿。鴨川市出身の木彫彫刻家「長谷川昴(1909~2012)」(はせがわこう)の作品です。
白浜海洋美術館の福禄寿は安房七福神の一つに指定されています。
 

安房七福神巡り

■福禄寿 白浜海洋美術館
 南房総市白浜町628-1 0470-38-4551
■大黒真野寺
 南房総市久保587 0470-46-2590
■寿老人仁右衛門島(にえもんじま)
 鴨川市太海浜445 04-7092-3456
■弁財天鴨川漁港内 厳島神社
 鴨川市磯村83-2 04-7093-2111
■毘沙門天多聞寺
 鴨川市浜荻1145 04-7094-0341
■恵比寿 鴨川市妙の浦
 鴨川市小湊183-8 04-7095-2318
■布袋尊清澄寺
 鴨川市清澄322-1 04-7094-0525
クジラに関する陶器福禄寿

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています