サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

安房神社 1300年祭 2018年8月10日、11日 

三嶋神社の山車と相浜神社の波除丸の画像

安房神社 1300年祭

 
平成30年8月10日、11日館山市大神宮の安房神社にて、当地鎮座1300年を祝う祭礼が盛大に執り行われました。
安房神社は房総開拓の神「天富命」(あめのとみのみこと)が四国の忌部氏(いんべうじ)を率いて布良の駒ケ崎に上陸し、天太玉命を男神山(安房神社御祭神)に安置し、后神(きさきがみ)天比理刀咩命(洲宮神社御祭神)を女神山に安置して、安房神社を一旦は布良の神谷(かみやつ)に鎮座し、養老元年(717年)に現在の安房神社(吾谷山)遷座したのが始まりと伝えられています。
 
初日の10日は天富命が上陸した駒ケ崎神社にて「御浜出神事」が執り行われ、二日目は安房神社に周辺9社の御船、山車、神輿が集結しました。
安房神社に出祭した神社は以下の通りです。
  
 1.安房神社 館山市大神宮     :神輿
 2.相浜神社 館山市相浜      :お舟(波除丸)
 3.三嶋神社 南房総市白浜町根本 :山車
 4.洲宮神社 館山市洲宮    :神輿
 5.布良崎神社館山市布良    :
 6.熊野神社 館山市佐野     :神輿
 7.犬石神社 館山市犬石      :神輿
 8.八坂神社 館山市中里      :
 9.日吉神社 館山市神余      :神輿
10.下立松原神社 南房総市白浜町滝口:神輿
 
境内入り口には露天が立ち並びます。
 
安房神社境内の露天の画像
 
白浜町根本の三嶋神社の山車。人形は源範頼、彫刻は初代後藤利兵衛橘義光 明治二十八年 八十一歳の作。
彫刻は、元々はケヤキの白木でしたが、平成初めに金箔施されました。獅子が四隅に配され、牡丹や鶴、鳳凰、麒麟などが随所に置かれています。
 
三嶋神社の山車の画像
 
相浜神社のお船(波除丸)。船首には鳳凰の金カンザシ。船尾には後藤喜三郎橘義信の龍の彫刻が施されています。
 
相浜神社のお舟(波除丸)の画像
 
八坂神社の神輿と相浜神社のお舟(波除丸)の画像
 
各神社の神輿は拝殿へ入祭してから御仮屋へ入場します。
洲宮神社の神輿
 
洲宮神社の神輿の画像
 
八坂神社の神輿。彫刻は明治三十年 初代後藤義光八十三歳の作品。四隅には獅子、立体的な波が美しい下長押、小脇に躍る龍が特徴的です。
 
八坂神社の神輿の画像
 
下立松原神社の神輿。彫刻は後藤喜三郎橘義信。
 
下立松原神社の神輿の画像
 
左下が下立松原神社の神輿、右下が日吉神社の神輿
下立松原神社の神輿の画像日吉神社の神輿の画像

 
左下が洲宮神社の神輿、右下が犬石神社の神輿
 
洲宮神社の神輿の画像犬石神社の神輿の画像

 
御仮屋前では2基の神輿がもみさしを繰り返し御仮屋へと神輿を納めます。
 
御仮屋前でもみさしを繰り返す神輿の画像
 
今回参加する全部の神輿が御仮屋へ入場しました。御仮屋は左から「白浜神社」「下立松原神社」「日吉神社」「八坂神社」「犬石神社」「熊野神社」「相浜神社」「布良浜神社」です。
 
全神輿が御仮屋へ入場
 
拝殿横では雅楽の演奏に合わせた奉納舞や、日枝神社の羯鼓舞(館山市無形民俗文化財)が奉納されました。
 
和楽器の画像拝殿横の神事の様子

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています