サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

たまや【勝浦タンタンメンとラーメン】

たまやのマヨタンタンつけ麺

ラーメン・定食・晩酌 たまや

 
勝浦市墨名(とな)の「たまや」は、勝浦タンタンメン、勝浦タンタンつけ麺、ラーメンの人気店です。
店舗は「勝浦の朝市」の会場の一角にあり、JR外房線「勝浦駅」徒歩5分と近いのですが、少々わかりづらい場所にあります。
 
勝浦駅を出たら国道128号線の「墨名交差点」を、そのまま直進して90mほど先の港こおり屋MUGENの手前を右折。
40mほど先の左側のビルの1階です。
 
勝浦の朝市【食べ歩きガイド】
たまやの店舗外観
 

駐車場

 
車は店を出で左側の共同駐車場の57番または58番に停めてください。駐車場が一杯の場合は、海側の勝浦市市営駐車場(無料)または勝浦港前の道路脇に停められます。
駐車場案内
 
店内は思ったよりも広く、カウンター6席、座敷16席です。
たまやのカウンター席
 
たまやの存在は4ヵ月ほど前から知っていて、ずっと食べに行きたいと思っていました。理由はウチの社員がマヨネーズ好き(マヨラー)で辛いものが好きであり、たまやには「マヨタンタン麺」や「マヨタンタンつけ麺」があるからです。
 
何回か電話を架けてもつながらないので3回位行ってみましたが、お店は閉まっていました。後で分かったことですが、夏の間は海の家をやっていてお店を休業していたそうです。
 
メニューを見ると「勝浦タンタンメン」、「トンコツタンタンメン」、「カレータンタンメン」など気になるものがたくさんあります。
 
マヨネーズが入ったタンタンメンは「マヨタンタンメン」と「マヨタンタンつけ麺」の2種類。
「から揚げ+ライス」、「キョーザ+ライス」、「から揚げ+半チャーハン」などのセット物もあります。
 
3時間前に松野屋で勝浦タンタンメンを食べたばかりなので、セット物は食べきれません。予定通り「マヨタンタンつけ麺」を注文しました。
 

マヨタンタンつけ麺

 
マヨタンタンつけ麺は、辛い+マヨネーズ入りなので社員が泣いて喜ぶやつです。だた、今日は土曜日で会社が休みなので、社員を放置して一人で来てしまいました。
 
マヨタンタンつけ麺
 
つけ汁に入っている白いのがマヨネーズ。辛さはありますが、マヨネーズが入ると辛味がマイルドになりコクが増します。
 
私は激辛が苦手なのですが、つけ麺であれば、汁につける量によって辛さを調節できます。
これは想像を超える味だったので、今度はトンコツラーメンなども食べてみたいと思います。
つけ汁
 

スパイスカレー

 
口コミで高評価のスパイスカレーは3種類。お店の説明がとても魅力的なので紹介したいと思います。
 

■じっくり煮込んだ鶏肉と野菜のSPICE Chicken Curry

スパイスヨーグルトに漬け込んだ鶏肉と野菜ブロス(野菜のダシ)、20数種類の香辛料で煮込み、グローブカルダモン、シナモン香るMix]Spiceで仕上げたチキンカレーです!!

■2種類の粗挽き肉と香味野菜のキーマCarry

牛肉、豚肉の粗挽き肉とMix spiceで仕上げた肉の旨味、食感を感じるスパイスキーマカレーです!!
※チキンカレーのスープと一緒に提供します。

■酸味・辛味・旨味が絶妙に合わさったポークヴィンダルー

ポルトガル人がインドの西海岸地方のゴアにもたらした羊料理です。豚肉にMix spiceで下味をつけて、ワインビネガーやニンニク、チリを加えじっくり煮込んだ、辛味と酸味が効いたインドカレーです!!
※香草ビネガーと合わせて食べてみてください。

スパイスカレーメニュー
 

メニュー

 
※価格、メニューは2022年12月時点のものです。参考情報としてご覧ください。
※黄色のマーカーは店舗おすすめ、人気メニュー

麺類

勝浦タンタンメン
マヨタンタンメン
■トンコツタンタンメン
カレータンタンメン
■勝浦タンタンつけ麺
マヨタンタンつけ麺
カレータンタンつけ麺
■カレーラーメン
■マーボメン
■うま煮ラーメン
■ラーメン
■チャーシューメン
■トンコツラーメン
■トンコツチャーシューメン
■みそラーメン
■みそチャーシューメン
野菜たっぷりタンメン
■お子様ラーメン
 

トッピング

味玉、ワカメ、メンマ、ネギ、チャーシュー
 

セットメニュー

※麺類注文の方のみ
Aセット

から揚げ3個+ライス(中)+漬物

Bセット

ギョーザ6個+ライス(中)+漬物

Cセット

から揚げ3個+半チャーハン+漬物

メニュー(麺類)
 

ドリンクメニュー

 
メニュー(ドリンク・酒)
 


 

Webサイト/SNS

 
【facebook】ラーメン・定食・晩酌 たまや

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています