サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

【とんかつや】 館山市正木に6月4日オープン

ビーフカツ

とんかつや

 
館山バイパスの那古交差点から亀ヶ原方面へ抜ける県道296号線沿いに2021年6月4日新しいとんかつ店がオープンしました。店名はズバリ「とんかつや」です。
場所はランドリー&カフェ MAKANAの隣、元「居酒屋ほのか」があった場所です。
 
駐車場はランドリー&カフェ MAKANAの正面。店舗前にも数台停められます。
とんかつやの駐車場
 

【店舗外観】

店舗外観
 
店内はカウンター6席、個室は座敷となっています。
店内カウンター
 

ビーフカツ定食

 
メニューは大きく分けてロースカツ、ヒレカツ、ビーフカツの3種類。ロースカツとヒレカツは数種類の肉から選択できるようになっています。
最初は基本のロースカツを食べようと思ったのですが、南房総でビーフカツは珍しいのでビーフカツ定食にしました。
 
定食はメインのカツ、キャベツ、ホテトサラダ、味噌汁、お新香のセット。
カツは黒毛和牛を使っているので、とてもやわらかです。味噌汁は赤だしにナメコ、この組み合わせは私の大好物です。
 
他のお客さんはすべてロースカツかヒレカツを食べていましたが、カツが大きくてやわらかいと言っていました。
ビーフカツ定食
 

メニュー

 
※メニューは2021年6月時点のものです。参考情報としてご覧ください。
 

ヒレカツ定食

 
■岩中豚(いわちゅうぶた) 岩手県産

岩手のブランドSPF豚。ビタミンEは一般的な豚に比べて3倍

■林SPF 千葉県産

抗生物質を限りなく抑えた専用飼料で育てた安心・安全な健康豚

■富士湧水豚 山梨県産

富士山麓湧水飼育

■八幡平ポーク

ウエットエイジング熟成

 

ロースカツ定食

 
■もち豚ロース 群馬県産

軽めの脂・甘味

■黒豚ロース 鹿児島県産

肉と脂の旨味

■岩中豚 岩手県産

いわずと知れたブランド豚

■美明豚 茨城県産

農林水産賞受賞

 

ビーフカツ定食

■和牛ヒレカツ 熊本県産

黒毛和牛

とんかつやのメニュー
 

※SPF豚とは

特定の(Specific) 病原体(Pathogen)を持たない(Free)の略で日本SPF豚協会の基準に基づいて育てられた特定の病気が存在しない豚。病気によるストレスが少なく、抗生物質を与える必要がほとんどない豚。
 

※ウエットエイジング熟成とは

熟成肉とは牛肉のタンパク質を肉自身の酵素によって分解させたもので、熟成することによってアミノ酸が増加してやわらかくなり旨味が増すので熟成肉ブームとなっています。
 
熟成肉方法は「ドライエイジング」、「ウエットエイジング」、「枯らし熟成」、「乳酸菌熟成」などがあります。ドライエイジングは肉に風をあてながら乾燥熟成する方法で、赤身肉を熟成するとナッツのような香ばしい肉になります。ウエットエイジングは肉を真空パックで包み、出てくる水分を取り除きながら2週間から2か月間熟成させる方法。ドライエイジングほどの濃厚な旨味はありませんが、やわらかくしっとりとした食感になるとされています。

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています