サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

房州華乃蔵(はなのくら)【千倉の古民家ラーメン】

華乃蔵の特製つけめん(塩)の画像

房州華乃蔵(はなのくら)

 
南房総市千倉町、白子漁港前の『房州華乃蔵』は、古民家をリノベーションした珍しいラーメン店です。
旧店名は『華の蔵』で、館山市にも同名のラーメン店がありますが、館山の店舗は千倉店を暖簾分け(味やメニューは異なります)したそうです。
華の蔵(館山市)
 
店舗は非常にわかりづらいです。房総フラワーライン(国道410号)にある看板はすぐに見つけることができるのですが・・・
この看板から白子漁港の方で向かいます。
 
華乃蔵の看板1華乃蔵の看板2

 
白子漁港へ着いたら周囲を見回してみてください。店舗は見えませんが、「ラーメン」の黄色いノボリが見えます。
以前に2~3回このお店を探したことがあったのですが、このノボリが無かったので見つけることができず、閉店してしまったと思ってました。
2019年3月10日に『バナナマンのせっかくグルメ』で放映されたことから来店してみました。
 
店舗敷地から白子漁港を望む華乃蔵の駐車場の画像

 
華乃蔵の店舗外観
 
店の前には自転車ラックがあります。南房総周辺は最近サイクリングが盛んでJRのサイクリスト用電車「B.B.BASE」が運行されているため自転車ラックを置いてある店も増えてきました。
 
華乃蔵の自転車ラックの画像
 
席は全席座敷で相席となります。
 
華乃蔵の店内画像1華乃蔵の店内画像2

 

特製つけ麺(塩)

 
スープは塩と醤油が選べるようになっていて塩を選択しました。注文時にカツオダシを入れるかどうか聞かれます。
今回はカツオ入りを頼みました。普段、私は強烈な魚介系はあまり食べませんが、こちらの魚介系はマイルドで私の好みです。つけ麺は食べ終わるとスープ割りができます。
麺はコシがあり小麦が香ります。具はチャーシュー4枚、メンマ、味玉、ナルト、青菜です。こちらのチャーシューは厚みがあり柔らかでシットリしていて絶品!
柔らかいチャーシューが多くみかけますが、ここまでシットリした食感のチャーシューはほとんどみかけません。
 
特製つけ麺(塩)の画像
 

華乃蔵メニュー

※メニューは、2019年3月現在のものです

麺類

・らーめん
・ねぎらーめん(辛味あり) 850円
・つけめん 800円
・あぶらめん(辛味あり) 850円
・特製らーめん 1150円
・特製塩つけめん 1150円
・特製醤油あぶらめん(辛味あり) 1150円
 
※スープは醤油・塩の2種類より選択
※つけめん、特製つけめんは温・冷を選択できます。
※大盛は100円増し。
※『辛味ぬき』をご希望の方はお申し付けください。
 

おつまみ・トッピング

炙りちゃーしゅー丼セット(ミニ)
※めん類を注文された方のみ。 300円
煮玉子(1ヶ) 100円
ギョーザ(5ヶ) 400円
ごはん(並) 150円
ごはん(小) 100円
 

セットメニュー

・限定Aランチセット 1000円
 らーめん(塩または醤油)・ギョーザ・半ライスまたは煮玉子
・限定Bランチセット 1000円
 らーめん(塩または醤油)・ミニちゃーしゅー丼・煮玉子
 
華乃蔵のメニュー

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています