サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

昭和倶楽部【君津の人気たこやき店】

ピンクレディーのレコード

昭和倶楽部(しょうわくらぶ)

 
今日はオープンして2週間、富津の「らぁ麺大塚」で「貝汁ラーメン」を食べた後、君津の人気たこ焼き店「昭和倶楽部」に立ち寄りました。ここはオープンして1年足らずですが、インタネットのクチコミが5.0の高評価(12人)の店。とにかく美味しいとの声が多いので楽しみです。
 
店舗は国道16号線の大和田交差点前です。
大和田交差点前の店舗昭和倶楽部の店舗外観

 
車は店舗斜め向かい(左下の写真)の駐車場に6台停められます。
 
店舗前にあるバイクは、平成8年(1996年)発売のホンダベンリィ50S。ベンリィ90Sと同時に4,500台生産されました。
エンジンは空冷・4サイクル・OHC・単気筒。最高出力(PS/rpm)50CCが4.0/7,000 90CCが7.1/7,500です。
昭和倶楽部の駐車場ホンダBENLY50

 
店内には昔のアイドルのポスターやレコードがたくさん展示されています。
左下の写真は、昭和54年(1979年)デビューの横浜銀蝿のLPレコード「仏恥義理」。あの頃はツッパリ(ヤンキー)はリーゼントやパンチパーマが流行っていましたが、今では全くと言っていいほど見かけなくなりました。
右下の写真は、昭和57年(1982年)デビューの中森明菜はじめ、薬師丸ひろ子、風見慎吾の写真があります。
 
横浜銀蝿のLPレコード平成のアイドルのポスター

 
昭和51年(1976年)「ペッパー警部」でデビューしたピンクレディー。斬新な踊りと超ミニスカートで一世を風靡しました。私が中学生の頃、ほとんどの女子はこの踊りと歌を真似していました。
 
昭和55年(1980年)「裸足の季節」でデビューした松田聖子。3枚目シングル「風は秋色」から26枚目シングル「旅立ちはフリージア」は24曲連続でオリコン週間シングルチャート第1位を獲得したスーパーアイドル。女子は「ぶりっこ」だからという理由でアンチも多かったのですが、髪型はサイドを後ろに流す「聖子ちゃんカット」大流行しました。
ピンクレディー、松田聖子
 

青いサンゴ礁

 
ドリンクは「ピンクレディーも愛したウーロン茶」、「松田聖子のパイナップルジュース」、「堀ちえみトマトの週末ジュース」など個性的な名前が揃っています。
 
今日はブルーハワイの「青いサンゴ礁」をオーダー。青い棒をストローだと思って吸ったのですが全然飲めません。先に何か詰まっているのかと思って確認するとスプーンになっていました。かなり恥ずかしかったです。
青いサンゴ礁(ブルーハワイ)スプーン

 
たこ焼きはソース、ネギしお、チーズ、めんたいマヨなど10種類。今日は「さくらエビ」の塩をオーダーしました。
 
外はカリッと香ばしく焼けています。
タコ焼き(サクラエビ)
 
中はクリーム状。さくらえびの香りが効いています。
タコ焼き(サクラエビ)の中心
 

メニュー

 
※メニューは2022年8月時点のものです。参考情報としてご覧ください。
たこやきメニュードリンクメニュー

房総タウンTopへ

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています