サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

山の茶屋【君津市のワンコインラーメン】

山の茶屋のラーメン

山の茶屋(やまのちゃや)

 
君津市宿原の「山の茶屋」は土曜・日曜限定の飲食店。ラーメン、焼きそば、お好み焼きはすべて500円以内、ランチも600円と高コスパのお店です。夜は居酒屋として営業し、地元野菜も販売しています。
 
店長にお店についてお話を伺いました。
「土曜・日曜日のみ営業としているのは、二地域居住だからなんです。元々ここは私の実家なんですが、現在ここに住んでいる訳ではありません。この地域もほとんどお店がなくなってしまい、地域のお年寄りが困っているので、コミュニティの場になればと思って営業しています。そのため、お惣菜やお菓子なども置いています。」
このお店に来ると500円の料理で色々な小鉢をサービスして頂けるのは、そのような理由だったのです。
 
店舗は国道410号線沿い赤いノボリが目印です。お店にはパワースポット三島神社入口、産地直売原宿と書いてあります。「原宿」はバス停の「宿原」を逆さにしたものです。お店の前は、君津市コミュニティバスの中島・豊英線:植畑コースの宿原バス停となっていて、テレビ朝日の「帰れマンデー見っけ隊!! 秘境バス旅・バスサンド」でこのお店も紹介されました。
山の茶屋の店舗外観
 
店内はカウンター4席、個室(座敷)6席、地元野菜の直売コーナー、本庄高士さんのミニ個展のコーナーがあります。
 

ランチ

 
今日のランチはマグロ丼。味噌汁と小鉢が付いています。小鉢はナスの辛子漬けとキュウリの漬物。もう一品はサービスでナスとアスパラの揚げ煮。
揚げたナスをダシに漬けたものは私の大好物です。
マグロ丼
 

ラーメン

 
厚みのあるチャーシュー、メンマ、煮玉子、かまぼこ、刻み玉ねぎ、刻み海苔とこれだけ入って500円と高コスパ。チャーシューは赤身と脂身のバランスが良くとてもイイ味です。
ラーメン
 
ラーメンの他にも地元で採れた栗、レンコンとお浸し、女竹の煮物、マコモダケを頂きました。
レンコンの煮物とお浸し女竹の煮物

 

本庄高士さんのミニ個展

 
地元宿原に住むアールブリュット(生の芸術)の画家「本庄高士さん」のミニ個展コーナー。
本庄高士さんプロフィール
本庄高士さんのミニ個展コーナー本庄高士さんについて

 

地元野菜の直売コーナー

 
地元で採れた生姜、サツマイモ、ジャンボニンニク、栗などが販売されていました。
地元野菜の直売所テイクアウトの焼きそば

 

メニュー

※メニュー・価格は2021年9月時点のものです。参考情報としてご覧ください。
※表示価格は税込みです。
 

お食事

■お好み焼き
 ぶた、いか、えび、ミックス
■焼きそば(うどん)
 昔風やきそば、肉やきそば、焼きうどん(醤油・ソース)
■日替わりランチ
■ラーメン
 

ソフトドリンク・他

  1. ■コーヒー(ホット・アイス)
  2. ■コーラ
  3. ■サイダー
  4. ■ウーロン茶
  5. ■かき氷(イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイ)

 

アルコール

  1. ■ビール(中)
  2. ■ハイボール
  3. ■日本酒(一合)
  4. ■ウイスキー
  5. ■梅割り
  6. ■焼酎(ロック・水割り・お湯割り)
  7. ■焼酎ボトル(二階堂・黒霧島・赤霧島)

 
山の茶屋のメニュー
 
おみやげに頂いたマコモダケで料理を作ってみました。マコモダケは湿地に育つイネ科の植物。味も触感も同じイネ科のタケノコに似ています。ほのかに甘味があり、美味しい野菜ですが、スーパーなどではあまり見かけない珍しい野菜です。
 
今回は油で炒めた後、醤油、酒、砂糖できんぴら風にしてみました。あく抜きなどはしていませんが、まったくクセはありません。甘味があり、歯切れがよく柔らかでとてもイイ味です。
マコモダケの調理
 
マコモダケの調理マコモダケのキンピラ

房総タウンTopへ

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています