サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

志保沢商店【秘境の焼きそば専門店】

志保沢商店の大盛焼きそば

志保沢商店(しほざわしょうてん)

 
君津市平山の志保沢商店は今年(2021年)で創業90年になる老舗焼きそば店。
恐らく創業当時から作り方は変わっていないと思われるので、現代の流行りの焼きそばとは異なり地元住民のソウルフードとなっていて、文化財に指定されるような個性的な焼きそばです。
 
このお店は館山市の南総ユニオン株式会社の社長に教えていただきました。南総ユニオンは不動産業なので、隠れ家的、秘境の店に詳しいのです。
 
店舗は久留里線の平山駅前。国道410号線に面していますが、看板は「KIRIN志保沢商店」となっていて「焼きそば」の文字は無いので通りがかりの人は、ここが焼きそば店とは気が付きません。
志保沢商店の店舗外観
 
車は平山駅前に停められます。開店と同時に地元の住民、ライダー、サイクリストなど次々と来店してきます。
久留里線平山駅志保沢商店のテラス席

 
久留里線は木更津から上総亀山駅を結ぶ全長32kmのローカル線。小湊鉄道と同じく千葉県では2つしかない非電化線(ディーゼル)として鉄道ファンに人気があります。
久留里線の路線図
 
店舗は平山駅前です。
志保沢商店の入口志保沢商店のテーブル席

 

ソーセージ焼きそば

 
焼きそばの量は8段階に分かれていて、下の写真はレベル8の超大盛。何玉とか何グラムとかは聞いても教えてもらえません。
下調べで量が多いと聞いていたので、タッパーを持参したのですが、タッパーは蒸れるのでダメだそうです。
 
この焼きそばは写真では大した量にみえませんが、実物はすごい量です。1/3の程食べて満腹になり残りは持ち帰りました。
味は今まで味わったことが無い個性的なもので他店では味わえない唯一無二の焼きそばです。
 

志保沢の焼きそばの特徴

・麺は乾麺を使用
・具はキャベツ、天カス、魚肉ソーセージ、海苔(トッピング)、紅しょうがなし
・味付けはウスターソースで酸味があり後味がさっぱりする。
 
このお店のインターネットの口コミで5段階中1点台をつける人も多いのですが、90年続く人気店であり地元住民のソウルフードなのです。
なので、90年前に作られた味について低評価をつけてネットに晒すのは違和感があります。
ソーセージ焼きそば(大盛)を横から撮影
 
これは一人では食べきれない量4人前はあります。地元のお客さんが次々と来店してきますが、テイクアウトの注文が多いです。大盛を頼んで数人でシェアするようです。
ソーセージ焼きそば(大盛)を上から撮影
 

肉入り焼きそば

これはテイクアウトとして持ち帰りました。
肉入り焼きそば(大盛)
 

メニュー

※メニュー・価格は2021年4月時点のものです。
食べ物は焼きそばのみで、種類はノーマル(キャベツ)、ソーセージ、肉の3種類。価格によって量が決まり8段階に分かれています。
何玉とか何グラムとか書いていないので頼んでみないと量はわかりません。
志保沢商店のメニュー
 
このテーブルは大きな1枚板です。コロナ対策としてアクリル板が取付られています。
テーブル席

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています