サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

ひさご食堂の元祖ザーザーメン

ひさごのザーザーメン

ひさご食堂

 
日本三大朝市の一つ「勝浦の朝市」の会場内にある「ひさご食堂」は昭和41年創業の老舗食堂です。
店舗前に元祖ザーザーメンのノボリがありますが、ザーザーメンとは何なのでしょう?
とても気になったので食べてみました。
 
ひさごの店舗外観
 
店内はカウンター4席、小上がり8席に個室があります。
小上がり
 
個室も用意されています。夜は23:00まで営業しているので地元の方は居酒屋として利用しています。
 
個室
 

ザーザーメンとは

 
勝浦市のご当地ラーメンは「勝浦タンタンメン」が有名ですが、もう一つの隠れた名物が「ザーザーメン」です。この2つは古くから海女さんなど漁業関係者が冷えた体を温めるために食べられてきました。店の前に「元祖ザーザーメン」のノボリがありまが、かなり古くに最初にザーザーメンを作っていたお店があって、お店が閉店してしまいひさごのオーナーが復活させたそうです。名前の由来はジャージャーメンをモジッタものなのかどうか?オーナーに聞いてみると「よくわかんねぇけど昔からそう呼んでるよ」
とのこと。
 
丼一杯に入ったジャージャーメンは、ラーメンというよりは大きなあんかけ焼きそばといった感じです。麺は中太のストレートで箸で持ち上げるとスープ(アン)が絡んできます。味は味噌ベースで豆板醤、ラー油、ニンニクが香ります。このラーメンはとにかく量が多く1杯食べると満腹になります。
 
ひさごのザーザーメン
 
野菜はモヤシ、ニラ、ニンジン
 
ザーザーメンのアップ
 

タンタンメン

 
ひさごのタンタンメンは一般的な「勝浦タンタンメン」とは少し違っています。一般的なタンタンメンはスープが赤くラー油が多く入り煮込んだ玉ネギが入っています。ひさごのスープは醤油ラーメンと同じ色で玉ねぎはシャキシャキ感が残りモヤシやニラなど野菜が多いのが特徴で辛味もマイルドです。
 
タンタンメンのアップ
 

メニュー

 
※メニューは2019年10月現在のものです。
 

定食・丼物

定食は肉生姜焼き定食1種類、丼物はカツ丼、親子丼、中華丼、玉子丼の他に房総産サザエを使ったサザエ丼がおすすめ。ご飯物はカレーライスとチャーハン。
 

麺類

ラーメン、みそラーメン、タンタンメン、ザーザーメン、タンメンと野菜そばの違いを聞いていませんが、タンメンは塩味で野菜そばは醤油味なのかも知れません。
変わったものとしてにらそば、カレーそば、にんにくラーメン、わかめラーメンがあります。にんにくラーメンというのがちょっと気になります。
 

一品物

にら炒め、野菜炒め、スープは玉子、野菜、わかめの3種類
 
夜は居酒屋としても営業しているので揚げ物などのつまみ類も豊富です。

 
ひさごのメニュー
 
麺類メニュー

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています