サイドバーを出す
房総town.com

正林寺(岩崎巴人の襖絵と千体の羅漢像)

正林寺の山門

南房総市海老敷/神社仏閣


正林寺(しょうりんじ)

 
宗派:浄土宗鎮西派
山号:三峰山
由緒:境内の案内板より
本尊は木造の弥陀三尊像で、中尊の阿弥陀如来像(体内仏一体)は寺伝によると恵心僧都(えしんそうず)(902年~1017年)作とされている。
寺は応永年間(1394年~1427年)に甚誉長悦和尚の開山と伝えられ、当初は本織(現三芳中学校々地)にあったものである。その後海老敷の現在地に移転したが、天保八年(1837年)の火災や大正十二年(1923年)の大震災などを経て、現在の本堂は大正十五年に再建されたものである。
 


 

本堂

 
正林寺本堂の画像
 

岩崎巴人の襖絵

 
本堂には平成元年一月に、館山市見物の水墨画で知られる岩崎巴人画伯が描いた「極楽の池」の襖絵十六枚が奉納されています。
 
岩崎巴人の襖絵左手前岩崎巴人の襖絵右手前

 
岩崎巴人の襖絵左奥岩崎巴人の襖絵右奥

 

岩崎巴人の平和の碑

 
岩崎巴人の平和の碑
 

安心羅漢堂

 
安心羅漢堂には、ご住職が自ら焼いた千体の羅漢像が納められています。
 
安心羅漢堂の画像
 
千体の羅漢像
 

常愧庵ギャラリー

 
ミニギャラリーの外観ミニギャラリーの作品

 

本堂左の霊園

 

 
霊園までの道
 

納骨堂(尊林亭)

 
納骨堂へ七年安置し、散骨共同墓地に埋葬します。その後、位牌を安置します。
正林寺では、樹木葬や永代供養も行っています。
 
尊林亭
 


 
【住所】〒294-0804 千葉県南房総市海老敷390
  ※掲載されている情報が古い場合がございます。電話の際は、「房総タウン」を見たとお伝え下さい。
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-36-3260
【駐車場】あり
【御朱印】あり
【HP】 正林寺 
 


 
他の神社仏閣を探す
 
房総タウンTOPへ戻る
 
<正林寺の地図>