サイドバーを出す
房総town.com

野島崎公園【南房総家族時間】

野島崎灯台からの風景

野島崎公園(ノジマザキコウエン)

 
房総半島最南端の岬です。昔は離れ島で、元禄16年(1703年)の大地震で陸続きとなり野島崎となったいう説がありますが、元々陸続きだったという説もあります。公園内には厳島神社、博物館、野島崎灯台、地魚の食堂などが点在し、南房総一の観光スポットとなっています。
 
野島崎公園の芝生の写真野島崎公園の岩場の写真

 

伝説の岩屋

 
1180年伊豆から安房に渡ってきた源頼朝は野島崎に立ち寄り大岩に野島山の三文字を刻んだという伝説がありますが、史実であるとも言われています。
ここで突然の大雨でこの岩屋に身を寄せて雨を凌いだとされ「頼朝公の隠れ岩」と呼ばれています。
岩屋の大蛸の廻りにはアワビやサザエがあり、特に中央のアワビの中に願いをかけた賽銭を投げて、貝の中に入れば
願いが叶うとされています。
 
野島崎公園 伝説の岩屋の大蛸の画像
 

 

厳島神社

 
祭神は水の女神である市杵島姫命(イチキシマヒメ)です。
 
拝殿の右手前には房州の名工「武田石爺」の七福神があります。この作品は石爺19歳の作といわれ南房総市指定文化財です。
厳島神社拝殿の写真厳島神社武田石爺の七福神

 
目の神様と子宝の神様
 
厳島神社の目の神様の画像厳島神社の男根と女陰の神様の画像

 

野島崎灯台 国指定登録有形文化財(平成24年2月23日)

 
日本にある洋式灯台では観音崎灯台に次いで2番目に古い灯台(明治2年12月18日完成)です。白色八角形のレンガ造りの美しい灯台は「日本の灯台50選」に選ばれていて、国の登録有形文化財にも指定されています。
平均海面から灯頭まで38mあり、展望台(無料)となっていて太平洋や白浜の街並みを一望することができます。
 
千葉県ホームページ野島崎灯台
 
野島崎灯台の写真
 
右の写真が灯台西側、左が東側の眺望です。
 
野島崎灯台からの眺望 西側野島崎灯台からの眺望 東側

 
右の写真が灯台南側、左が野島崎港です。
 
野島崎灯台からの眺望 南側野島崎灯台から野島崎港を望む

 

野島崎灯台資料展示室「きらりん館」

 
野島崎灯台の歴史や役割、灯台の模型などが解説付きで展示されています。
 
野島崎灯台資料館の写真
 

白浜海岸美術館

 
1965年に柳八十一夫妻により開館。大漁奉納絵馬、貝合わせ、参勤交代の大名達が乗った御座船の屏風などが展示されています。特に、房総半島発祥の大漁半纏、万祝(まいわい)コレクションは必見です。
 
白浜海岸美術館の画像
 
HP白浜海岸美術館
 

飲食店

 
公園内には飲食店が多数あり、アワビ、サザエ、イセエビ、刺身など、海の幸が堪能できます。
 
野島崎公園のせと食堂の画像野島崎公園のいそ屋の画像

野島崎公園の仁幸の画像野島崎公園のみずるめの画像

野島崎公園の三愛の画像野島崎公園のoliveの画像

野島崎公園の美晴亭の画像野島崎公園のさざえ屋の画像

 

海産物のお土産

 
房州名物のクジラのタレ、アワビ、イセエビ、サザエ、干物など海産物が豊富です。冬場には高級品のハバノリも出回ります。
 
野島崎公園の海産カ問屋の画像野島崎公園の島屋の画像

 
【住所】千葉県南房総市白浜町白浜623-1
※掲載されている情報が古い場合がございます。電話の際は、「房総タウン」を見たとお伝え下さい。
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-38-3231(野島崎灯台)
【営業時間】終日
【定休日】無休
【駐車場】あり
 

<野島崎公園の地図>