サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

興津西港の釣り

興津西港のベストポイント

興津西港の釣場

 

房総では釣り人の無断駐車、ゴミ問題などにより立ち入り禁止の港が急増しております。
館山の香漁港、浜田堤防、鴨川市の小湊港・・・好釣り場が立ち入り禁止、開放を繰り返しています。
釣り場を守るためマナー順守をお願いいたします。
また、立ち入り禁止場所へは、立ち入らないようお願いいたします。

 
勝浦市興津(おきつ)の興津港は、トイレ、駐車場、海水浴場があるファミリーフィッシング向きの釣場です。
港は広大で東港と西港に分かれています。興津東港は北風に強く、西港は南風に強いので風向きに合わせて釣場を選定できます。
 

興津西港のポイント

 
興津西港は砂地あり、岩場ありで多彩な魚が釣れます。外房で釣れる魚種は、カレイ、アイナメを除いてほとんど釣れるといっても過言ではありません。特に人気なのがアジ。これは1年中釣れます。次はクロダイ。
潮が澄んでいることが多いのでダンゴ釣りが有利。川の流れ込みがあるのでボラが多く、こんな時はハリスを1m位海底に這わせるのが有効です。
 
冬から春先は、年により差ムラがありますが、カマスやサヨリも人気。
興津西港の全景
 

興津港海浜公園

 
無料駐車場は160台と広く、トイレやシャワー、芝生広場など整備された公園です。
 
ここから釣場までは少々時間がかかるので、釣場前に有料駐車場(1日500円)がおすすめ。
公衆トイレ興津港の案内板

 

1.中央の石積防波堤

 
湾内の内側の石積場防波堤は波が静かで安全なポイント。無料駐車場やトイレも近くファミリーフィッシング向き。
先端部分は投げ釣りでキス。クロダイはダンゴ釣りが有利。水深は3m~4m。小川の流れ込みがあるのでボラが多いポイント。
1.中央の石積堤防
 

2.漁港岸壁

 
アジとクロダイがメイン。水深は5mほどあります。外側が荒れた場合は面白いポイント。
港岸壁
 
岸壁の先に公衆トイレと有料駐車場(1日500円)があります。
公衆トイレ
 

3.験潮所と波消しブロック堤防

 
白い建物が験潮所。ここもアジとクロダイの人気ポイント。
 
波消しブロックの堤防は少々足場が悪いので注意してください。先端はクロダイ釣りのポイント。
10mほど投げると底が砂地となり釣りやポイント。ハリスはトントンより少し這わせるのがコツ。エサはオキアミ、コーン、練り餌をローテーションします。
験潮所とテトラ堤防
 
験潮所先端のポイント
験潮所の先端
 

4.外側の堤防

 
ここが1番人気。外側はハエ根が多く内側と先端がポイント。アジ、クロダイ、アオリイカ、カマス、サヨリなどが釣れます。
 
手前は浅いので10m位先を狙います。アジやカマスはカゴ釣りが有利。クロダイはダンゴ釣りかフカセ釣り。クロダイ、アジは早朝が夜釣りがおすすめ。
外側の防波堤
 

本日の釣果

 
2023年1月10日の釣果。
下の写真は30cmクラスのアイゴ。ヒレが尖っていて毒があるので刺されたら激しく痛みます。
やや磯臭いですが、刺身でも食べられます。
アイゴ
 
アジとトウゴロウイワシ。アジの型は15cmとやや小ぶりです。海中にアジはたくさん見えますが潮が澄んでいるので針についたエサはなかなか食べてくれません。
 
大半の人はコマセカゴに浮きを付けたサビキ仕掛け(カゴ釣り)です。このサイズならハリス0.8号位の細いものが有利です。
アジとトウゴロウイワシ
 


 

周辺案内

 
勝浦市は「勝浦タンタンメン」が名物。「勝浦タンタンメン」は漁師や海女の体を温めるために考案された料理です。
釣りの後の冷えた体を温めるのに最適です。興津駅前で勝浦タンタンメンが味わえるお店を紹介します。
 
カフェキッチン ドルフィン
勝浦市内1辛いといわれている「赤熱幻想ウルティマ」、ひじき油を使った「黒タンタンメン」、味噌と卵が入った
「味噌たまタンタン麺」などオリジナルタンタンメンが味わえます。24種のかき氷も人気。
 
松葉屋飯店
インターネット口コミ高評価の店。「勝浦タンタンメン」と野菜と肉がたっぷり入った「肉そば」が人気。
 

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています