サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

マルヨ商店 フェリー前支店【鮮魚/活魚/活貝】

まるよ商店の店舗外観

マルヨ商店(まるよしょうてん)

 
富津市金谷の「まるよ商店」金谷のフェリー港前の鮮魚店。お店は大きくはありませんが、鮮魚、活魚、活貝、干物など海産物のおみやげが揃っています。
 
店内の水槽には生きたイセエビ、魚、貝類がはいっています。
 

活イセエビ

 
6月、7月の禁漁以外は活イセエビが販売されています。
活伊勢海老
 

ヒラメ

 
水槽に入っているのは60cm以上の大型のヒラメ。お持ち帰りに際に活締めにしてもらえます。
 

アワビ

 
房総では主に黒アワビ、メガイアワビ(赤アワビ、白アワビ)、マダカアワビの3種が水揚げされます。
下の写真はどのアワビなのか見分けられませんが、ひっくり返すと黒アワビはメガイアワビに比べ身が青黒く斑点があります。マダカアワビは一番大きくなりますが水揚げが少なく希少品です。
 
黒アワビは浜値で6,000~15,000円の高級品、身は固く締まっていて刺身に向いているとされています。メガイアワビは浜値で4,500円~9,000円。黒アワビに比べて身が柔らかく煮物、酒蒸しなどに向くとされていますが、これは好みの問題です。
活ヒラメ活アワビ

 

ナマコ

 
一般の魚屋でナマコを売っているのは珍しいです。一般には赤、青、黒の3種が流通していて、赤ナマコが一番味が良いとされています。
コノワタ(腸の塩辛)、バチコ・クチコ(卵巣の干物)は高級珍味として知られています。
活ナマコ活サザエ

 

バイ貝

 
唾液腺に毒があるので調理前に取り除きます。刺身、酒蒸し、塩ゆでなど酒の肴にピッタリ。
つぶ貝
 

赤ムツ

 
口の中が黒いので別名ノドグロ。白身のトロと呼ばれる超高級魚。
 

黒ムツ

 
こちらも高級魚。赤ムツと黒ムツは名前も姿も似ていますが別の科に属します。脂ののった身は刺身、煮物にして極上の味わい。
赤ムツ黒ムツ

 

エゾアイナメ(ドンコ)

 
身に水分が多いので刺身よりコブ締め、煮物に向きます。この魚は肝が美味しいので肝を捨てないように。
 

クロダイ

 
釣りで人気があります。マダイと同じ仲間なのでマダイと同じように調理します。
ドンコクロダイ

 

ニベ

 
イシモチ(シログチ)にそっくりですが別の魚です。(科と属は同じ)値段が安い割に味が良くおすすめの魚。
 

ウマズラ/マダイ/スズキ

ニベとキンメスズキ・ウマズラ・マダイ

 

イナダ

 
ブリの幼魚。大きくなるにつれ名前が変わる出世魚。関西と関東で呼び名が異なります。

関東

モジャコ→ワカシ(20cm)→イナダ(40cm)→ワラサ(60cm)→ブリ(80cm)

関西

???→ツバス(20cm)→ハマチ(40cm)→メジロ(60cm)→ブリ(80cm)
 

カサゴ

 
見栄えはゴツイですが、上品な白身の魚。クセが少ないので刺身、煮物、揚げ物など色々な調理に向きます。
イナダカサゴ

 

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています