サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

the Fish【金谷ー海の見えるレストラン】

the Fishの店舗外観

the Fish(ザ フィッシュ)

 
富津市金谷のthe Fishは金谷フェリー港前のレストラン&おみやげ店です。
海を見下ろすレストランでは海鮮丼やパスタなどのシーフードが味わえます。
おみやげは、活貝、活エビ、干物などの海産物や地元の特産品、バームクーヘンなど品揃えが豊富です。
 

おみやげコーナー

 
入口付近が海産物、奥が南房総の特産品やお菓子のコーナーとなっています。
 

海産物コーナー

 
干物の人気No.3はトロあじ、上あじ、あじ&きんめセット。ノドグロ、アマダイ、金華サバなどの高級魚も揃っています。
のどぐろ、アマダイなど高級魚の干物トロあじ、上あじなどの人気の干物

 
大きな水槽には活けの伊勢海老、サザエ、ハマグリ、ホンビノスなどが入っています。
 
ホンビノス貝は北アメリカ原産の貝。1998年幕張で発見され、2000年前半には東京湾でも漁獲対象となりました。当初は「大アサリ」や「白アサリ」などと呼ばれていましたが、最近は「ホンビノス」という名前が定着してきました。ハマグリに似ていますが、ハマグリは上品で繊細な味、ホンビノスは濃厚な味です。
 
ホンビノスが出回りはじめた頃、寿司職人二人と飲みに行った際「ホンビノスって安いけど味はどうなの」と聞いたら、「最初はいいイメージはなかったけど、食べてみたら値段の割に美味しい。濃厚なダシが出る」と二人とも高評価。酒蒸しや茶わん蒸しなどに使っていると言っていました。
活伊勢海老のコーナーサザエ・伊勢海老・ホンビノスのコーナー

 

地酒・地ビールのコーナー

 
地元富津市和蔵酒造の聖泉、鴨川市亀田酒造の寿萬亀(じゅまんがめ)、勝浦市吉野酒造の腰古井など千葉県の酒蔵の日本酒が販売されています。
 
地ビールは鋸南麦酒のクラフトビールが人気。

地元特産品

 
特産品コーナーは、南房総の特産品であるビワ、イチゴ、イセエビなどのお菓子が多数。種類が多く書ききれません。
地酒・地ビールのコーナー地元特産品コーナー

 

見波亭

 
地元金谷の見波亭は千葉県産素材を使ったバームクーヘン工房。黒糖まんじゅう、のこぎり山バウム、濃厚焦がしチーズバウムなどのスイーツが販売されています。
一品屋のコーナー

 
見波亭
 

レストラン

 
海を眺めながら食事ができるシーフードレストラン。地元海産物を使った丼物や定食、パスタやシーフードピザなど洋食まあります。
シーフードレストランの入口
 
メニュー
メニュー
 

のこぎり山カフェ

 
店舗は小さいですがここでしか味わえない個性的なメニューが揃っています。
のこぎり山カフェのメニュー
 
期間限定の「猪まん」と「海鮮まん」。海鮮まんは国産シラスとエビを一緒に包んだ贅沢な中華饅頭。
猪まんはボタン鍋をイメージした味噌味の饅頭。「うなぎまん」は蒲焼、ごぼう、椎茸を合わせ老舗鰻店のタレに絡めた饅頭。
猪まん・海鮮まん

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています