サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

たいこくどう【久留里駅前の本格タイ料理】

元祖タイラーメン

たいこくどう

 
君津市久留里のたいこくどうは久留里駅前のタイ料理店。タイ人シェフのサターンポンさんは、母国でタイ料理の経験を積み、平成18年にたいこくどうを開業。今年で創業15年になり本格的タイ料理が味わえる店として人気があります。日本では馴染みのないタガメ(昆虫)料理や、最近話題のジビエ料理、ジビエレッドカレーもあります。
 
店舗は久留里駅のロータリー前です。
たいこくどうの店舗外観たいこくどうの入口

 
車は店舗裏の駐車場へ停めてください。
たいこくどうの駐車場
 
ランチ時間帯に来店したので店内は撮影できません。席は全部で25席です。
本棚には地元久留里に関する本が置いてあります。
たいこくどうの本棚たいこくどうの水差し

 
メニューを見ると、グリーンカレーや生春巻き、トムヤムクンラーメンなど気になるものがたくさんあります。
そして、ついにずっと探し求めていた驚きの料理を発見!これは後で詳しく説明します。
 

元祖タイラーメン

 
たいこくどうの人気メニュー。麺は中太の米麺でもっちりとしたコシがあります。スープは酸味がありピリ辛です。
元祖タイラーメン
 

ガパオライス

 
たいこくどうの一番人気。豚肉のバジル炒め。ガパオとはホーリーバジルのことでイタリア料理で使われるスイートバジルとは違った香りです。
ガパオライス
 

タガメのディップ

 
人生で初めて見るタガメ料理。タガメは田んぼとか沼にいる大きな鎌を持ったカメムシ目の昆虫。日本では絶滅の恐れのある野生動物に指定され販売目的の捕獲・売買が禁止されています。
日本では食用として一般的ではありませんが、タイをはじめ東南アジアでは人気のある食材でアマゾンなどのでも販売され、日本では罰ゲームなどに利用されているようです。
 
タガメの写真
 
「楽しい昆虫料理 内山昭一」という本で「タガメそうめん」「タガメ風味の旬のバグピザ」「タガメ風味のコオロギとイナゴのチーズ焼き」「タガメ風味のタルトレッド」が紹介されていてタガメが食用であることを知りました。味は洋ナシやバナナのようにフルーティーとあり、以前から少し興味を持っていたので注文してみました。
楽しい昆虫料理
 
下の写真がタガメのディップ。タガメはディップの中に溶け込んでいるので原型はとどめていません。
味についてはここでは書かないことにします。芳醇でフルーティーと言われているタガメをご自身の舌で味わってみてください。
タガメのディップ
 

グラミーフィッシュのディップ

グラミーフィッシュは、タイの淡水魚を糠と塩漬けにして発酵させた東北地方で使われている調味料。独特の香と濃厚なコクがある調味料です。
グラミーフィッシュのディップ
 

メニュー

 
メニューは非常に種類が多く日本で馴染みのないものもあるので、極力詳しく紹介します。
※メニューは2021年3月時点のものです。

ランチセット

 
<月曜>
■パネーンカレー

鶏肉入りのココナツミルクのカレー。辛さ調節多少できます。

■トムヤムクンラーメン

世界三大スープのトムヤムクンのラーメン。エビの尾入り。米麺使用

■各駅停車のチャーハン

昔列車で食べたという今や幻のチャーハン。隠し味の紅麹が旅魂を引き立てる味わい。辛くない。

 
<火曜>
■グリーンカレー

鶏肉、なす、ココナツミルク、タケノコ入り

■元祖タイラーメン

豚肉入り。酸味とほんの少しの辛味スープが特徴

■レッドカレーチャーハン

ピリ辛、豚肉、タケノコ入り

 
<水曜>
■きのこづくしのスープカレー

ふくろたけとおまかせきのこのガビ(海老の発酵ペースト)入りカレー。やさしい味に温まります。辛くない。

■グリーンカレーラーメン

グリーンカレーと米麺を和えてみました。鶏肉入り。辛くもできます。

■豚肉チャーハン

白醤油とナムプラー(魚醤)な香がいいタイの定番チャーハン。辛くない。

 
<金曜>
■レッドカレー

豚肉入り。辛さ控えめにできます。

■ココナツラーメン

ココナツミルクと鶏肉のスープに米麺を入れました。

■ガパオ

豚肉のバジル炒めごはん。目玉焼きのトッピングが合います。辛くなくも激辛もできます。

 

一品料理

 
■ヌアヤーン

■ヤムヌア

牛肉のサラダ

 

ナムプリック特集

 
ナムプリックは唐辛子、ニンニク、赤玉ねぎ、ライム果汁などそれぞれの種類の具材を入れ、石臼で叩いて作るタイ風のディップ。地方や家庭によって様々なナムプリックがあり、ご飯、魚、豚の皮などにつけて食べるのが一般的で、タイ人にはなくてはならないソウルフード。えびせん、豚の皮スナックにも合います。
■奈落のディップ

奈落に落とされる辛さ。痛い!!

■チェンマイディップ

マイルドで食べやすいタイ北部の味

■タガメのディップ

タガメを食べよう!タガメは意外にもフルーティーな香りがします。東北地方のディップ

■グラミーフィッシュのディップ

魚を発酵させたディップを使っています。

■赤目のディップ

ランナー(北部)のディップ。赤唐辛子を使うので赤目と呼ばれる。エビのペースト入り。

ランチセットメニューヌアヤーン・ナムプリック特集

 

人気サイドメニュー

 
■えびパン

エビと白ゴマをパンにつけて揚げました。お子様用はソースをつけてどうぞ。

■ムービン(4本)

タイ東北地方の豚の皮焼き。甘辛のタレが餅米に合います。

■空心菜炒め

人気料理! スタッフにお尋ねください。

■えびのガーリック炒め

美味!!

 

ALL550円メニュー

 
■たいこくどう野菜ディップLサイズ
■各種野菜ディップLサイズ

奈落、赤目、チェンマイ、グラミーフィッシュ

■えびトースト

KIDS OK ソースが辛い

■サテ(3本)

ソースは甘酢とピーナッツ&ココナッツ。カレーココナッツの味。ほんの少し辛い。

■ムーピン(4本)

豚の串焼き

■揚げ春巻き
■たまごやき

辛くない/ソースが辛い。ケチャップ抜き、マヨネーズつきもできます。

人気サイドメニューはじめての方おすすめメニューとさっぱりメニュー

 

麺類

■元祖タイラーメン

おすすめ!中太米麺と豚肉のラーメン。酸味とピーナッツがアクセント。少し辛味があり、さっぱりながらも忘れられない味で人気。

■トムヤムクンラーメン

レモングラスやタイしょうがなどタイのサムンバイ(薬用植物)がいっぱい入っています!

■豚肉ラーメン
■バッタイ(焼きそば)
■パッキーマオ(酔っ払い焼きそば)

予約がおすすめ。タイの激辛焼きそば

■カオソイ

予約がおすすめ。タイ北部のココナツカレーラーメン

 

ゆっくり味わう本格料理

 
■プラーグン

えびのレモングラス和え。お酒に合う

■田舎チキン

もち米と合う。ソースが辛い

■豚肉焼き

もち米と合う。ソースが辛い

■ラープ

豚のひき肉を甘・辛・酸の調味料で炒めハーブを和えた定番料理

■シーフードのカレー炒め

要予約。ターメリックの香り、とろりとした食感。

■白身魚の三つ味揚げ

要予約。甘さ、辛さ、酸味が揃った本格タイ料理。ご飯に合う。

 

スープ

 
■トムヤムクン

辛さと酸味のバランスが絶妙なエビのスープ。タイの代表的料理

■豆腐とひき肉のスープ

辛くない、お子様OK。お腹にやさしい日本人に合うスープ。

■チキンのココナツスープ

ココナッツとミルクがたっぷり入ったまろやかな味。

麺類・やきものメニュー本格タイメニュー・スープ

 
スープ鍋+タイすきダレ2種

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています