サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

きのや【山の中の手打ち蕎麦・うどん】

きのやの店舗外観

きのや

 
鋸南町市井原の『きのや』は人里離れた場所にある風情があるそば屋です。
店舗は長狭街道(千葉県道34号)沿い。日東バス金谷線の鋸東コミセン前です。
 
店舗入り口のキノコが生えた大木のオブジェはとてもインパクトがあり、ここが入り口となっています。
きのやの店舗外観
 
扉をくぐると臼、蓄音機、柱時計などの骨董日が置いてあり、その先が店内です。
入り口左の骨董品コーナー
 
店内は思ったより広くテーブルが21席、小上がりが20席。ダルマストーブ、大木で作った1枚板のテーブル、昔のラジオなどがあって風情があります。
店内のテーブル席
 
このテーブルの木は樹齢数百年は経ていると思われます。一枚板の天板の年輪は数えきれません。
大木を利用した1枚板のテーブル
 
入り口の左側は座敷になっていて、個室としても利用できます。壁は丸太、中央には囲炉裏がありこちらのスペースも昔を感る造りとなっています。私は、鰻屋と蕎麦屋は新しくモダンな建物より、こういった年輪を感じさせる建物が好きです。
小上がり(座敷)
 

天ざるそば

天ざるそばは、ざるそば、天ぷら、小鉢のセット。これで1,180円なので高コスパです。
そばはコシがありのど越し良好。天ぷらは、薩摩芋、海老、菜花、蕗の薹、人参、茄子の6種類。
小鉢は大根の漬物、南瓜の煮物、おから、菜花の漬物。同行者に菜花の漬物が美味しいと言ったところ2人共意見が一致しました。
天ざるそば
 
そばの中には黒い粒々が見えます。蕎麦好きの人はこの黒い点を「ホシ」と呼びます。
そばのアップ
 

なめこおろしそば

 
なめこおろし蕎麦
 

メニュー

※メニュー・料金は2020年3月時点のものです。
※そば・うどんの大盛は200円増し
 

そば・うどん

  • ■かけ(温)
  • ■もり(冷・海苔なし)
  • ■もり(冷・海苔あり)
  • ■たぬき(温)
  • ■とろろ(温・冷)
  • ■月見
  • ■なめこおろし(温・冷)
  • ■とり南ばん
  • ■カレー南ばん
  • ■天ぷらそば
  • ■天ざる(冷)
  • ■鴨南ばん
  • ■つけ鴨南ばん(冷)
  • ■なべやき
  • ■ちから(餅入り)

そば・うどんメニュー
 

ご飯もの

  • ■玉子丼
  • ■親子丼
  • ■天丼
  • ■カツ丼
  • ■ミニ天丼

ご飯ものメニュー

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています