サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

たちばな【石臼挽き自家製粉のそば】

たちばなの天盛りそばの画像

手打ち蕎麦 たちばな

 
館山市山本の『たちばな』は手打ち蕎麦、手打ちうどんのお店です。
 
店舗は分かりづらい場所にあります。安房地域医療センター正面の太陽光発電のアトム電気南房総店の裏側にあります。
 
たちばなの外観画像
 
店内はテーブル席と座敷(16席)があります。
 
そば打ち部屋の画像たちばなの店内画像

 


 

たちばなの蕎麦/うどん

たちばなホームページより引用

■二八そば(もり、ざる表記)
主に北海道産の北ワセ、山形県産の最上ワセ、畑作物とその他産地(長野県、新潟県、福島県)などを使用。そば粉8割、小麦粉2割しなやかさの中にコシとのど越しを重視したしっかりしたそばです。
 
■粗挽き田舎そば(田舎そば表記)
三種類に挽いたそば粉8割、小麦粉2割。玄そばをよく研いで殻ごと石臼で挽き、甘皮の部分を手臼で挽き粗目の篩で篩分けします。粉が粗くなる分香り豊かです。のど越しよりも
よく噛んで香りを引き出す噛む系のそばです。辛味大根との相性が良い蕎麦です。
 
■十割そば(おせいろ表記)
『やまたの和み蕎麦』と呼ぶ常陸秋蕎麦を使用。十割そばは雑物が混じると切れやすくなるので時間をかけて丁寧に調整、製粉しています。しなやかさの中にもちっとした食感を楽しめる蕎麦す。色、香り、のど越し、共にバランスの良い逸品です。
 
■水沢うどん(うどん表記)
群馬県産の小麦に塩、水のみを使い足踏み熟成を繰り返し、よく寝かせた生地を昔ながらの製法で作り手打ちうどんにしました。手間は掛かりますが、理に適った製法です。適度なコシとのど越しの良さ、みずみずしさと小麦の香りをお楽しみ下さい。

 

天然海老天ざる

 
そばは二八そば。最初の案内にもあるようにのど越し良くコシも十分でとても美味しいそばです。天ぷらの軽くサックリと揚がっています。
 
天然海老天ざるの画像
 
そばのアップ画像
 

生湯葉の天ざる(湯葉刺し付)

 
そばは「天然海老天ざる」と同じです。
 
生湯葉の天ざる(湯葉刺し付)の画像
 
湯葉刺しは箸でつまむと千切れてしまいそうな位やわらか。大豆の甘みが口中に広がります。湯葉の天ぷらも絶品。これはおすすめです。
 
湯葉刺しの画像
 

メニュー

※メニューは2019年1月時点のものです。詳細はたちばなホームページでご確認ください。
 

期間限定品

・鍋焼きうどん
・たちばなうどん
 柚子、長ねぎを刻んだ鴨肉と炒め、熱々の田舎汁に仕立てました。
・天付きたちばな
 天然エビ一尾、イカ一枚、野菜数種類の盛り合わせ

冷たい手打ちそば・手打ちうどん

※蕎麦は二八そばです。お好みで、もり、ざる、十割、田舎への変更もできます。
・おせいろ(十割そば)
・田舎そば(二八そば粗挽き)
・もり(二八そば・うどん)
・ざる(二八そば・うどん)
・蕎麦三昧
 おせいろ、もりそば、田舎そばを箱に盛り込みました。
・合鴨のつけ汁
・熱田の辛味大根
・つけとろろざる
・天然海老天ざる
・生湯葉の天ざる(湯葉刺し付)
・おはな天ざる(生湯葉の刺身、柚子シャーベット付)
 ※混雑時はお請け出来ない場合がございます。
 
冷たい手打ちそば、うどんメニューそばメニューの画像

 

温かい手打ちそば・手打ちうどん

・かけ または たぬき
・きつね
・とろろ
・カレー南蛮
・力
・合鴨南蛮
・天然海老天ぷら
・生湯葉の天ぷら(湯葉刺し付)
・おはな天ぷら(生湯葉の刺身、柚子シャーベット付)
 ※混雑時はお請け出来ない場合がございます。
 

ご飯物・そのほか

・お子様セット
 焼きおにぎり、ポテトフライ、鳥から揚げ、ジュース、おやつ、そばまたはうどん温製でも可
・天丼
・天重
・野菜のミニ天丼
・湯葉餡かけミニ丼
・ミニとろろ御飯
・ミニわかめ御飯
 
温かい手打ちそば、うどんメニューご飯ものメニュー

 

蕎麦前の一品メニュー

・そばがき
・出し巻き卵
・鳥のかえし焼き
・いかげそ焼き
・生湯葉のお刺身
・板わさ
・お漬物
・揚げ茄子の煮びたし
・かき揚げ天ぷら
・はな天ぷら
 天然海老二尾、いか一枚、帆立一枚、生湯葉一枚、野菜数種
・ちらし天ぷら
 天然海老二尾、いか二枚、帆立二枚、生湯葉二枚、野菜数種
 

甘味

・そばじるこ
・冷やしそばじるこ
・クリームそばじるこ
・そばもち
・信玄そばがき
・各種アイスクリーム
・各種シャーベット
 

お土産

 
・手打ちそば・うどん(3人前・五人前)
 ゆで方、そばつゆ、揚げ玉のセット
・石臼挽きそば粉(500g)
・二八そば打ちセット
 そば粉400g・小麦粉100g・打ち粉200gのセット
蕎麦前の一品メニュー甘味メニューの画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています