サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

佐藤商店 三代続くバナナの専門店!!

バナナ問屋 佐藤商店

佐藤商店のバナナの画像
 
以前からずっと気になっていた館山市北条の「バナナ問屋 佐藤商店」へ行ってきました。店の前のノボリには「バナナ専門店」と書いてありますが、本当にバナナしか売っていないのでしょうか?
 
ご主人の佐藤勝利さんにお話を伺うと
「創業は昭和6年、3代続くバナナ店。戦後は少しバナナ以外のものを扱ったけど、やっぱりバナナが一番」
「主に台湾産、エクアドル産、フィリピン産を扱っています。店の奥にはバナナの保管庫が6基あり3,000本のバナナを保管しています。」
「バナナは青い頃に仕入れ、バナチレンというバナナ用のガスをを使い”甘熟王”として販売しています。早めに仕入れムロで熟成させることで、最適な状態で販売することができます。」
「少し斑点が出始めた頃が一番甘くなります。中には少し青いバナナが好きという方もいらっしゃるので、お好みの状態のバナナを提供できます。」
「値段の安さではスーパーに敵わないので品質の良い物を販売するように心がけています。」
佐藤さんにお話を伺っているとバナナへの熱い思いがひしひしと伝わってきます。
販売先はほとんどが館山市だそうです。バナナは一般のスーパーにも置いてあり、これだけのバナナが売れるということは、館山市民はバナナが大好きということなのでしょうか?
 
佐藤商店のバナナの画像
 
中に入ってみると本当にバナナ以外のものは売っていません。棚に並んでいるバナナは、スーパーで販売されているものより大きく艶があり見るからに美味しそうです。
 
佐藤商店のバナナの画像2
 
正面の棚には、みかん、いちご、パイナップル、スイカなどの果物のパネルがありますが、他の果物は売っていません。
 
佐藤商店の台湾産バナナの画像
 
全国でも珍しい「バナナ専門店」ということもあり、テレビや新聞でも数回紹介されています。
■2007年1月22日 TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国
■2017年1月17日 TBSラジオ にち10おでかけリサーチ
■2015年9月 2日 テレビ朝日  ナニコレ珍百景
■2015年6月30日 朝日新聞   ひと人ヒト
■        テレビ朝日  高田純次のじゅん散歩
■        CSテレ朝チャンネル1 AKB48チーム8のあんた、ロケロケ! 
 
じゅん散歩撮影の記念写真
 
朝日新聞のひと人ヒト
 
バナナの保管庫(ムロ)は6基あり、コントローラーで温度、湿度を管理しています。
 
バナナムロのコントローラーの画像
 
一番目の保管庫は、まだ青い状態のバナナが保管されています。
 
第一保管庫の画像
 
こちらは2番目の保管庫。かなり黄色く熟していますが、少し青みがあります。
 
第二保管庫の画像
 
3番目の保管庫は、ほぼ完熟に近い状態で、そのまま出荷できるそうです。
 
第三保管庫の画像
 
館山市には、もう1店バナナ専門店があり、こちらは支店で、駄菓子なども販売しています。
 
佐藤バナナ北原店の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています