サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

那古地区祭礼

那古の祭礼

那古地区祭礼(ナゴチクサイレイ)|那古のまっち

 
県内でも珍しいお寺のお祭りです。山車5台・屋台1台が繰り出し、1日目は各町内を曳き回し、2日目は合同曳き回しが行われ、特に、夜は那古寺前道路は歩行者天国となり、多くの人で賑わいます。
 
2016年7月18日正午に那古地区の屋台と山車が那古寺の境内に集結しました。
左から 宿の屋台/東藤/柴崎/寺赤/浜の山車 後ろには大芝の山車があります。
那古地区の屋台や山車はどれも彫り物が凝っていて豪華です。
 
那古寺の祭礼 整列した屋台
 
那古寺の祭礼 祈願の様子
 

宿の屋台

 那古地区唯一の屋台です。彫刻は後藤喜三郎橘義信です。
 
那古寺の祭礼 宿の屋台
 

東藤の山車

 果てしなく高く彫り物も豪華です。安房で一二と言われる代表的な山車だそうです。
 彫り物は初代後藤義徳。人形は太閤豊臣秀吉と馬印の千成瓢箪です。
 神社は閼伽井弁天。人形は豊臣秀吉。
 
那古寺の祭礼 東藤の山車
 

寺赤の山車

 屋台全体が太平記をモチーフとしていて歴史的価値が高く、館山市の指定文化財です。
 
那古寺の祭礼 寺赤の山車
 

芝崎の山車

 四方の金剛力神は初代後藤利兵衛橘義光作、鳳凰は後藤実義房です。この鳳凰は長須賀の鳳凰と似ています。
 人形は天照大神。那古地区で唯一初代の屋台を使用しています。作成年は明治20年代です。
 
那古の祭礼 芝崎の山車
 

浜の山車

 柱は鯉の滝登り。その上に翼を広げた鷹があります。彫刻は後藤喜三郎橘義信。明治45年作。
 人形は弁財天です。
 
那古の祭礼 浜の山車
 

大芝の山車

 安房でも最古式の屋台だそうです。彫刻は後藤喜三郎橘義信。人形は神武天皇です。 
 
那古の祭礼 大芝の山車
 
【房総タウン】他の祭りを見る

住所:千葉県館山市那古
  ※掲載されている情報が古い場合がございます。電話の際は、「房総タウン」を見たとお伝え下さい。
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-22-2544

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています
豊房地区の屋台が集結 豊房地区祭礼

館山市大戸。毎年10月の第2土曜に開催される豊房地区の祭礼は大戸、南条、古茂口、出野尾地区の合同際。JA安房豊房支店に3基の屋台と神輿1基が集結します。

船形港まつりの風景 ふれあい船形港まつり 2017年4月30日(日)

館山市船形。毎年ゴールデンウィーク中に開催される船形港の観光まつり。ズワイガニつかみ取りやサザエの後ろ投げなど楽しいイベントが盛りだくさん。

館山市竹原の祭礼 館山市竹原の祭礼

館山市竹原。毎年10月に開催される竹原地区日枝神社の祭礼の様子。

洲崎神社のみのこ踊り 洲崎神社の例祭 【みのこおどり 千葉県無形文化財】

館山市洲崎。毎年8月に開催される館山市洲崎地区、洲崎神社の祭礼では、傾斜角30度の急な階段を下りる神輿は迫力満点。また、千葉県無形文化財に指定されている「みのこ踊り」も奉納され、多くのカメラマンが撮影に訪れます。

南総里見まつりの花火 南総里見まつり

館山市北条 。毎年10月の第3土曜日に開催される「南総里見まつり」。周辺地域から20基以上のお舟、屋台、山車、神輿が北条海岸に集結します。

波佐間地区のみのこ踊りの様子 波左間地区祭礼とミノコ踊り《国選択無形文化財》

館山市波左間。館山市波左間地区の祭礼は毎年6月30日~7月2日の間(1日のみ)開催されます。諏訪神社で奉納される「南房総地方のミノコオドリ」として国選択無形文化財に指定されています。

三嶋神社の山車と相浜神社の波除丸の画像 安房神社 1300年祭

2018-08-10(金)~11(土)
館山市大神宮。2018年8月、安房神社当地鎮座1300年祭の様子。 周辺九社から山車、お舟、神輿が集結しました。

館山市江田の祭礼 館山市江田の祭礼

館山市江田。館山市江田、問子神社の祭りは毎年10月10日の前日に開催されます。