サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

岩井神社

岩井神社拝殿の画像

岩井神社(イワイジンジャ)

 
【祭神】素盞鳴尊(すさのおのみこと)
    大己貴命(おおなむちのみこと)
    少彦名神(すくなびこなのかみ)
【祭礼】8月 第3金曜・土曜
【由緒】磐井郷の総社として治安3年に建立されました
【文化財】

懸仏(かけぼとけ)と獅子頭(獅子頭) 南房総市指定文化財

<境内の掲示板より>
岩井神社は平安時代の後一条天皇の時に建立され、はじめは「牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)」と呼ばれました。後に明治初年「岩井神社」と改称。現在は「岩井御総社」で、昭和五十三年六月「千葉県規範神社」に指定されました。社宝に、鎌倉時代の「懸仏」(四面)が残っています。「懸仏」というのは、平安時代の中頃、神仏習合の信仰から生まれたものです。柱や壁にかけて礼拝しました。形はだいたい円形で、表面には仏像が彫ってあり、銅や鉄の板でできています。
また、「獅子頭」(三頭)があります。これは、昔富山の「ふりうまつり」(雨乞い祭り)に使われたものです。獅子頭をかぶり、羯鼓(かっこ)大鼓を腹の前に付けて軽快に舞うものです。これを「羯鼓獅子舞」といいます。富山の雨乞い祭りも、明治時代の終わり頃には行われなくなったようです。
 南房総市教育委員会
 

浜下屋台 南房総市指定文化財

<境内の掲示板より>
浜下屋台の作者は当時の宮大工青木松治郎(城内)である。
この屋台の制作には、三年という長い年月を費やし明治二十四年(1892年)に完成した。その間初代後藤利兵衛義光は青木家に逗留して作成にあたり、八岐(やまた)の大蛇(おろち)や竜などを彫刻した。
初代義光は、文化十二年(1815年)千倉町の朝夷に生まれた木彫り彫刻の名手で、特に竜の作品に優れたものがあり、明治三十五年(1903年)八十八歳でその生涯を終わった。
初代義光の作品は現在も富山町ほか各地に残っている。
 
岩井神社拝殿の画像
 

手水舎

 
手水石は大正六年奉納。
 
岩井神社手水舎の画像
 

狛犬

 
昭和十二年奉納。
 
岩井神社狛犬の画像
 
境内には多くの石碑が残されています。
 
岩井神社の石碑群の画像
 
拝殿右横の石碑の画像
 
拝殿右横の石碑2
 
祭りの日には大きな幟が立てられます。
 
祭りの幟の画像
 
南房総市文化財に指定されている浜下の屋台です。
 
南房総市文化財の屋台の画像
 
他の神社仏閣を探す
 
房総タウンTOPへ戻る

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています