サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

房総の日/房総しりとりマラソン【房総の日普及委員会】

房総の日のアイキャッチ

房総の日とは

 

房総の日Webサイトより

 

房総の地域振興、台風被害からの復興に向けて、定期的に房総の魅力を発信し、房総を楽しむきっかけになれば、という想いから「房総の日」は生まれました。2019年10月、房総エリアを愛する有志メンバーからなる「房総の日普及委員会」が定めました。
 
1(ボウ)と3(ソウ)の語呂合わせから毎月13日を「房総の日」とし、その日を含む1週間を「房総の日ウィーク」と呼ぶことにします。
 
「房総の日」に合わせた特典やサービス、イベントなどの取り組みが、房総エリアはもちろん、房総に関わる多くの方々にも広がってほしいと心から願っています。
 
房総の日普及委員会

 

房総の日普及委員会の取組み

 
【目的】昨年の台風や大雨で甚大な被害を受けた房総エリアの復興支援、地域振興
 
令和元年の台風15号の強風、19号・21号の大雨により、房総エリアは甚大な被害を受けました。すぐに現地調査をおこない、その後の経過もヒアリングを続けていますが、現地の方々や報道・ネットからの情報を知るにつれて、民家はもちろんなのですが、特に農林水産業や観光業において、長期的な復興への取り組みの必要性を感じました。
 
そこで10月には、房総の地域振興のきっかけの一つになればという想いから、「毎月13日は房総の日」と定めて、房総に関わる事業者の皆様を中心に自発的なキャンペーンを呼び掛けています。「13」という数字は、1は「ボウ」、3は「ソウ」の語呂合わせです。年に1日の記念日ではなく、毎月1回にしたのは、毎月継続的な取り組みにつながると思ったからです。また、「房総の日」を挟んで「房総の日ウィーク」としたキャンペーンも大歓迎です。
 
例えば、「プレミアムフライデー」を活かした販売促進と同じイメージで、「房総の日」においても、飲食店、物販・サービス店、宿泊施設、その他イベントなど、自由に活用されることを期待しております。
下記のようなことが考えられます。
・限定割引
・限定メニュー販売
・限定セットメニュー販売
・ノベルティ配布
・新メニュー解禁
・限定クーポン配布
・限定パッケージ
・店内イベントの開催(例:懸賞・プレゼントキャンペーン)
・その他、お客様参加型イベントの開催
 
これまでの実績としては、昨年11月13日には、鋸南町の保田小学校様で「500円以上の購入でノベルティをプレゼント」、1月13日には、東京の房総イタリアン「Trattoria BOSSO 豊洲店」において「ピッツア房総の割引」を実施していただきました。
 
【道の駅保田小学校】
道の駅保田小学校のノベルティ
 
【Trattoria BOSSO 豊洲店】
Trattoria BOSSO 豊洲店
 

房総の日普及委員会運営サイト

 
ホームページ房総の日
 
Twitter房総手帳
 


 

房総しりとりマラソンとは

 
【目的】房総に関する情報を収集・発信し、房総の地域振興・復興支援に寄与する。
 
房総の情報発信をメインとしたtwitterアカウント「房総手帳」において、2019年12月から実施している企画です。房総(広義では千葉県全域)に関するテーマに限り、Twitter上でオープンな形でしりとりを投稿していきます。房総に関心の高いTwitterユーザーの投稿が多いです。観光地、お店、特産物、文化、人物、その他何でも結構です。目的は房総の情報発信ですから、しりとりのルールは設けるものの、あまり厳密にはせず、むしろ寛容な雰囲気で進めています。例えば、「ん」で終わる言葉であれば、その「ん」の前の言葉から続けます。また、以前に出た言葉がまた出てきても、それは人気ワードなのだという理解でOKです。しりとりの言葉に加えて、投稿者は参考URLや可能な範囲で説明を加えます。しりとりの言葉やその説明は、地元ならではの情報・うんちくがあり、新たな発見が多くて楽しいです。Twitterで「#房総しりとりマラソン」と検索していただければ、これまでのやり取りがご覧になれます。和やかな雰囲気で進行していますので、投稿される際はそこもご理解ください。
 
最初は、下記のような言葉からスタートしました。スタートして2か月以上経ちましたが、200回を越えて続いています。
 
房総→海の花 →菜の花→南総カントリークラブ →ブルーベリー狩り→龍宮城スパホテル三日月 →木更津アウトレット→冨里→
 
現在、房総版としてTwitterで実施していますが、実は房総に限らず「ご当地しりとりマラソン」として、全国に広げたいという意向もあります。全国各地のご当地発信の仕組みにもなります。また、インターネット、SNSだけでなく、子どもたちの地域学習の一環として、学校やご家庭でも取り組んでほしいと思っています。縛りのあるしりとりは、とても頭を使いますし、地域の情報を調べるには最適です。
 
まずは「房総しりとりマラソン」を続けていきます。どうぞお気軽にご参加ください。
最新のしりとり状況は、『#房総しりとりマラソン』で検索してください。
 
複数の人が同時に入力すると訳がわからなくなってしまうという欠点はありますが、このTwitterを使った遊びはとても面白い案だと思います。
 
Twitter房総しりとりマラソン

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています