サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

島屋 野島崎のひらき製造直売店

島屋の店舗外観

島屋(しまや)

 
南房総市白浜町の島屋は野島崎公園の入口にあるひらきの製造直売所です。
 

活けの水槽

店内入口は活魚、活貝のコーナーがあり、活のイセエビ、アワビ、サザエなどが販売されています。
 
活魚コーナーの画像
 
南房総産サザエ
 
南房総産さざえの水槽
 
千葉県は、三重県と並び全国でもトップクラスの伊勢海老漁獲高を誇ります。
 
南房総産イセエビの水槽
 

ひものコーナー

 
島屋はひらきの製造直売店なので干物の種類が豊富です。
 
下の画像は、海のギャングと呼ばれるウツボの干物。房州ではウツボのことを『ナマダ』と呼び食用とします。小骨が多く調理に手間がかかりますが、見掛けに似合わずおいしい魚です。
干物、天ぷら、煮物などにするのが一般的ですが、刺身でも食べられます。皮は厚くコラーゲンを豊富に含んでいるので皮を食べるのがおすすめです。
飲食店でウツボを提供するお店は少ないですが、館山市布良の相浜亭はウツボ天丼が名物です。
 
ウツボの干物
 
■特大ヤリイカ
■本カマス

刺身でも食べられますが、身の水分が多いので塩焼きや干物に向いています

■特大キンメ

千葉県は全国有数の金目鯛の産地。脂が乗った柔らかい身は極上の美味

■黒ムツ

脂っこいことを「むつっこい」などと呼び、黒ムツの名前はこれに由来します。これも高級魚です。

■いさき
■鴨川産マアジ
■釣り物赤ハタ

市場魚貝類図鑑では『非常に美味』とされています。私は食べたことがありませんが、ハタの仲間はほとんどが美味です

 
ヤリイカの干物サンマ・特大キンメダイの干物

 
■方々(ホウボウ)
■真イワシの丸干し

脂が乗ったマイワシを丸ごと干物にしました。内蔵のほろ苦さが美味

■セグロイワシの丸干し
■千倉産ニベ

釣り人はイシモチと呼んでいます

■黒メバル
ホウボウ、マイワシの干物サンマ丸干し、ニベの干物

 

鯨コーナー

 
近くの南房総市和田町は全国に5ヶ所しかない捕鯨基地です。鯨は骨以外捨てる場所がないと言われ様々な部位が食されてきました。
■鯨刺身
■鯨ベーコン

鯨の畝須(うねす)や皮須(かわす)を塩水に漬けて燻製にしたもの。おすすめ!!

■鯨のタレ

鯨肉を醤油などに漬けて干したもの。房州の郷土料理です。日本酒のつまみにピッタリ

 
鯨ベーコン、鯨のタレ
 

海藻・乾物コーナー

 
■白浜産ひじき
■天草

寒天やところ天の材料です

■地のり(赤焼磯風味)

ご飯にかけたり、味噌汁に入れたり、磯の風味が食欲を刺激します

■ぶっかけ浜めし

焼黒ばらのり、青まぜのり、厳選された糸青のりに旨み成分がいっぱいのかつお節を混ぜた逸品。ご飯、味噌汁、うどんなどに

■くじらの大和煮
■あなごの荒ほぐし

直火で焼き上げ、ほぐしをかけて仕上げた穴子の本格おつまみ

■炙りいわし(網焼き仕上げ)

いわしの旨みがギュっと詰まったおつまみ。食べやすいようにカットしたステッィクタイプが嬉しい!!

 
ひじき・地海苔、天草鯨大和煮

 
■くじらカレー

鯨の名店『ハクダイ食品』渾身のくじらカレー。こだわりのカレーに厳選した鯨を使用し、程よい辛さに仕上げました

くじらカレー、くじらのタレ
 
■自家製いかの塩辛
■かつお酒盗

かつおの腸と胃袋の塩辛。名前の通り酒のつまみにピッタリ。旨みが強いので調味料としても使われます

いかの塩辛、かつお酒盗
 

ナガマタ

 
正式名は『コトジツノマタ』千葉県外房ではお馴染みの海藻、昔から正月料理の『海草こんにゃく』として食べられてきました。ラーメン、味噌汁の具、酢の物としても使われます。
最近では健康食品としても注目され、便秘改善、血圧の安定にも効果があるとされています。
 
白浜産ナガマタ
 


 

周辺案内

 
野島崎公園千葉県屈指の一大観光地。野島崎灯台、厳島神社、美術館、伝説の岩屋、21世紀カットビ君など見どころ満載!!
 島屋の目の前
かいまな焙煎うみねこカフェYouTubeで評判の家族バンド『カイマナふぁみりー』が運営するカフェ。猫8匹、犬1匹を飼っています。土曜日曜のみ営業
 島屋から約800m
板前料理きよ都野島崎公園内の飲食店が混んでいる場合はココがおすすめ。
 島屋から約900m
庄作商店限定品、希少品の本格焼酎、日本酒の種類が豊富。おすすめの酒店。
 島屋から約1.6km
珍宝島の釣りメジナ、クロダイ、イシダイ、大鯵の釣り場
 島屋から約800km
白浜フローラルホール前の磯メジナ、クロダイ、イシダイ、大鯵の釣り場
 島屋から約900km