サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

ノスタルジックな雰囲気の純喫茶 茶房はたやま

館山駅そばの純喫茶 茶房はたやま

今日は個人的には「房総タウン」で紹介したくない(笑)JR館山駅東口そばにある古き良き純喫茶「茶房はたやま」をご紹介します。
 
館山駅前の茶房はたやま 店構え
 
創業は昭和の終わり、昭和63年からだそうで、昭和→平成→令和と、もうかれこれ30年以上館山駅前で喫茶店を営まれています。
かくいう私も高校時代に大変お世話になっていた喫茶店で、当時(約30年前)は駅前にイートインのコンビニなどなく、未だ携帯電話どころかポケベルさえ黎明期だった頃ですから、駅前での待ち合わせ場所としても重宝していた喫茶店でした。
当時から電車通学の安房高校や館山総合高校(当時は館山高校)、また安房南高校などの生徒がたむろしていたのを懐かしく思い出します。
当時駅前にはファーストフード店などもありましたが、古き良き純喫茶のこの喫茶店は、ただ居るだけでちょっと大人になったような、そんな雰囲気を感じさせてくれる場所でした。
 
店に一歩足を踏み入れた途端、懐かしくて胸をキュッと締め付けられる、そんなノスタルジーな雰囲気が漂います。
 
館山駅前の茶房はたやま 店内全景
 
以前東京から来た友人を連れていった際、「うわっ!なんか懐かしい雰囲気の喫茶店!」と言っていたところを見るに、誰しもが郷愁を感じる雰囲気の喫茶店なのかもしれません。
壁にはご主人が趣味で集めたコーヒーカップがズラリ。
 
館山駅前の茶房はたやま ご主人が趣味で集めた壁に並ぶコーヒーカップ
 
ダルトーンの木額に入れられたメニューは、アンティークな優しい明かりに照らされて、ノスタルジーな雰囲気をうながします。
 
ご主人が厳選した炭焼き焙煎のコーヒーももちろんオススメですが、私のオススメは何と言っても手作りで甘さ控えめのレアチーズケーキ!
当時高校生にはちょっと値段の張るケーキセットでしたが、とても美味しくて当時もよく売り切れて食べられなかったことがありました(笑)
 
館山駅前の茶房はたやま 木額入りのメニュー
 
この日もブレンドコーヒーとアイスコーヒーとをいただきながら、しばし気さくなご主人との会話を楽しみました。
 
館山駅前の茶房はたやま アイスコーヒーとブレンドコーヒー
 
この店のノスタルジーでアットホームな雰囲気は、ご主人の気さくなお人柄と奥様の優しい雰囲気が作り出しているのかもしれませんね。
 
そんなご主人は今でもパイプタバコを愛用されており、このお店に立ち入った瞬間の、あのコーヒーの香りに重なった甘い香りは、そのパイプタバコの香りだと気づかせてくれます。
 
館山駅前の茶房はたやま ご主人とパイプタバコ
 
もちろんお子様連れのお客様が来たときや、妊婦さんなどが来たときは絶対に吸っている姿は見せてくれませんが、常連さんや煙草を吸うお客様がいるときには、たまにパイプタバコを燻(くゆ)らせる姿を見せてくれることがあります。
 
「最近は禁煙ブームだからあまり書かないで(笑)」と言われましたが、個人的にはあのパイプタバコの匂いも含めて「茶房はたやま」のノスタルジーな雰囲気を醸していると思いますので、「あえて」書かざるを得ないです(笑)
 
店内には常連さんからの手紙や感謝状なども飾ってあり、いかに地域に愛されてきた喫茶店だったのかが感じられます。
 
館山駅前の茶房はたやま お客様からの手紙や感謝状
 
人間関係や、ブラックな仕事に疲れている人にこそオススメしたい、時間がゆっくりと流れて「ホッ」とさせてくれる、そんなノスタルジー感あふれる喫茶店です。

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています