サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

諏訪神社(南房総市海老敷)【後藤喜三郎橘義信の彫刻】

諏訪神社の境内と拝殿の画像

諏訪神社(すわじんじゃ)

 
南房総市海老敷の諏訪神社は緑豊かな里山の麓に鎮座しています。
 
【祭神】建御名方命(たけみなかたのみこと)
【祭礼】調査中
【創建・由緒】由緒は不明、創建は慶長二(1597年)と三芳村史にあります。
【御朱印】不明
 

鳥居

 
鳥居は明神鳥居。年代の文字は刻まれていますが読み取ることはできません。
 

常夜灯

 
風化が激しく年代は不明。わずかに明治の文字が読み取れます。
 
諏訪神社の常夜灯(左)の画像諏訪神社の常夜灯(右)の画像

 

拝殿

 
拝殿・本殿の創建は不明。
 
諏訪神社拝殿の画像
 

後藤喜三郎橘義信(ごとうきさぶろうたちばなよしのぶ)

 
拝殿の向拝には後藤義光の門人である「後藤喜三郎橘義信」の彫刻があります。
・嘉永二年(1849年)~大正15年(1926年)、館山市国分出身
・初代後藤義光の最初の門人で神社、神輿、屋台など非常に多くの作品を残しています。
 
拝殿向拝の彫刻(全景)
 
向拝の龍の彫刻
 
後藤喜三郎橘義信の彫刻の画像
 
木鼻の獅子の彫刻
 
木鼻の彫刻(左)の画像木鼻の彫刻(右)の画像

 
當町願主 平松政五朗 田村幸蔵 牧野甚五郎
當国国分村 彫師 後藤喜三郎橘義信
 
後藤喜三郎橘義信の刻印の画像
 
本殿
 
諏訪神社本殿の画像
 
本殿左には複数の石宮があります。合祀した神社なのでしょうか。三芳村史にも記載が無いのでわかりません。
大きな御神木の根本には2つの手水石があります。左側の手水石は安政四年(1857年)正月吉日奉納。右側の手水石の文字は風化して読み取れません。
 
諏訪神社の拝殿左の石宮諏訪神社の手水石の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています