サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

勝蔵寺の文化財

勝蔵寺本堂の画像

虚空山 勝蔵寺

 
【宗派】新義真言宗智山派
【山号】虚空山
【由緒】調査中
 
階段下から本堂を望む
 
本堂への階段の画像
 
本堂
 
勝蔵寺本堂の画像
 
勝蔵寺本の表札の画像
 

十王仏の掛軸 南房総市指定文化財 昭和39年11月5日

 
十王仏の掛軸は、原野水(はらのうすい)の大作で、十幅ありここ勝蔵寺の寺宝となっている。野水は、平久里下、余蔵の名主の家に生まれ、渡辺華山とも交遊があったといわれる画の大家であった。ほかに詩文にも秀れていた。文化四年(1807年)~安政二年(1855年)
この十王仏とは、冥府(死後の世界)にいる十人の王(判官)のことで、中でも閻魔様の名はよく知られている。
 
十王仏の掛軸を収めている木箱には、おおよそ次のように書いてある「寺参りする善男善女はこれを拝観して善行を心掛け、仏教の説く戒律を守る心を起こすことであろう」と。
なお、この掛軸は毎年盆の十六日に一般公開される。
(富山町史より)
 
南房総市文化財の案内板の画像
 
勝蔵寺境内の画像
 
勝蔵寺本堂右側の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています