サイドバーを出す
房総town.com

賀茂神社の八朔祭り

賀茂神社の三番叟

南房総市/祭り/南房総の文化財


賀茂神社の八朔祭り(千葉県無形民俗文化財)

 
毎年8月1日と8月2日の両日、南房総市の賀茂神社で八朔祭りが開催されます。
(八朔とは八月朔日の略で旧暦の8月1日のことです)
八朔祭りでは「三番叟」と「花踊り」が奉納され、この2つは千葉県の無形民俗文化財に指定されています。

賀茂神社の本殿

 
 建立は安土桃山時代。勝浦城主「正木大膳」の寄進による建物です。一間社流造で中世末期の特色がうかがえます。
 本殿は昭和42年3月7日に千葉県有形文化財(建造物)に指定されました。
 
賀茂神社の本殿
 
 三番叟奉納の前には式典が行われます。
賀茂神社の八朔祭りの式典

三番叟(さんばそう)

 
 加茂の三番叟は地域の少年たちによって演じられます。千歳(せんざい)・翁・三番叟の3人の他に、お囃子も少年が
 演奏するのが加茂の三番叟の特徴です。通常は15:00位に境内にある舞台で上演されますが、2016年は雨模様だったので本殿で上演されました。
 
賀茂神社の三番叟 千歳の舞い
 
賀茂神社の三番叟 翁の舞い
 

花踊り

 花踊は「八乙女舞」とも呼ばれ、巫女姿の少女8人が扇や手籠、手拭、紙の花などを持って踊ります。
 年々踊り手が減っていて、今年は5人で演じられました。
 一番最初は扇を持って踊ります。
 
賀茂神社の花踊り扇の舞い
 次は手籠。その次は手拭です。
賀茂神社の花踊り手籠の舞い
 
賀茂神社の花踊り手拭の舞い
 最後は飾りの付いた棒を持って踊ります。
賀茂神社の花踊り飾り棒の舞い
 最後に深々とお辞儀をして終了です。
 お辞儀をした後、1人の少女が「はぁーーー」と笑顔で深いため息をつきました。
 その姿かかわいらしく面白かったので、観客から大きな笑いと拍手が沸き起こりました。
 
賀茂神社の花踊り飾り棒の舞い
  
 
【房総タウン】他の祭りを見る