サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

魚水(うおすい)【海鮮丼と極味のひもの】

魚水のトリプル丼の画像

魚水(うおすい)

 
鴨川市天津の魚水は海鮮丼の種類が豊富でリーズナブルな大人気店です。
店舗は外房黒潮ライン(国道128号線)沿いにあり、大きな黄色い看板が目印です。
 
魚水の店舗外観画像
 
店内は飲食コーナーとおみやげコーナーとに分かれています。
 
魚水の飲食コーナーの画像魚水のおみやげコーナーの画像

 

トリプル丼

 
うに、いくら、まぐろの漬けの3種類が同時に味わえる豪華海鮮丼。+100円でハマグリの味噌汁が追加できます。
これで値段が1,100円(2019年5月現在)と信じられない価格。
うにいくら丼が1,200円、うに丼が1,300円、浜ゆであわび丼が2,000円と驚愕の安値です。
 
トリプル丼の画像
 

生まぐろづけ丼

 
房州産の生のマグロを自家製の特製ダレに漬けた漁師のまかない飯。冷凍していない生のマグロは食感がモチモチとしています。
 
生まぐろづけ丼の画像
 

メニュー

※メニュー、料金は2019年5月時点のものです。
 

丼物

 
■いくら丼
■浜ゆであわび丼

房州産のあわびをふんだんに使っています

■うに丼

ウニだけを食べたい人向け。リーズナブル!!

■うにいくら丼

ウニとイクラの贅沢コラボ!

■とりぷる丼

ウニ、イクラ、生まぐろが一度に味わえます

■房州産とこぶし丼

アワビにそっくりな貝とこぶしの甘辛煮。おすすめ!

■ぶりづけ丼
■炙りかつおづけ丼
■かつおのづけ丼
■生まぐろ中落ちづけ丼

冷凍していない生マグロの食感をお楽しみください

■生まぐろとモンゴいかづけ丼
■定食のトッピング

ウニ、イクラ、ヤリイカ

 

定食

 
■とろアジ定食(ご飯、みそ汁、小鉢付き)

脂の乗ったアジの干物を使用、食べ終わったら骨湯でどうぞ!

■とろサバ定食(ご飯、みそ汁、小鉢付き)
 

一品料理・焼き物

 
■じっちゃんの本格ビーフカレー
■あわび残酷焼き
■伊勢海老残酷焼き

磯の香りと味がたっぷり

■さざえ焼き
■はまぐり焼き
■あじさんが焼き

房州の郷土料理

■自家製いかの汐辛

いかの肝を汐漬けし、半年以上寝かせて造りました

 
魚水のメニュー画像1魚水のメニュー画像2

 


 

おみやげコーナー

 
魚水は食事の他にもおみやげコーナーがあり極味の干物、活けのアワビ、サザエ、伊勢海老など海産物や房総の特産品が多数販売されています。
 

エースコックの勝浦タンタンメン

 
勝浦市のご当地ラーメンとして全国的にも有名な「勝浦タンタンメン」のカップ麺。
南房総のおみやげ店でよく販売されています。辛い物が好きな方にオススメのラーメンです
エースコックの勝浦タンタンメンの調理例
 

魚水の海鮮ラー油

 
干し海老、鰹節、昆布、スルメイカ、帆立エキスなど贅沢な海産物をふんだんに使ったラー油。
ごはん、ラーメン、焼きそば、野菜いため、餃子など、あまり辛くないのでどんな料理にも合う万能調味料。
 
エースコックの勝浦タンタンメン(カップ麺)鴨川海鮮食べるラー油

 

活けの海産物

 
活けの水槽にはアワビ、伊勢海老、サザエ、シッタカ、ホンビノス貝が入っています。
シッタカ(バテイラ):直径2cm~3cmの三角形の巻貝。塩茹でや煮付けにして食べます。高価ですが非常に美味。
ホンビノス貝:海外から東京湾に定着したはまぐりに似た二枚貝。「白はまぐり」「大あさり」とも呼ばれます。味はハマグリに似て値段が安いのが魅力です。
 
シッタカとホンビノス貝の画像サザエとイセエビの画像

 

冷凍コーナー

 
房州名物のうつぼの干物、生冷伊勢海老、生冷ウニ、クジラ、とこぶし姿煮、貝蒸しウニ、浜ゆでアワビなど海の珍味が満載。
 
干物はアジ、サバ、キンメの他イサキ、太刀魚などもあります。
 
うつぼの干物、冷凍生うにの画像とこぶし姿煮、貝蒸しウニの画像

 

乾物コーナー

 
房州産ひじき、磯のり、はばのりなどの海藻コーナー。ハバノリは房総のお正月に欠かせない海苔。1枚千円もする超高級海苔です。
 
房州ヒジキ、岩のりのコーナーハバノリ、磯のりのコーナー

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています