サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

花のえん【千倉町の地魚料理】

花のえんの刺身定食の画像

地魚料理 花の○(じざかなりょうりはなのえん)

 
南房総市千倉町千田の『花のえん』は道の駅ちくら・潮風王国すぐそばの地魚料理店。花畑に囲まれ奥まった場所にありますが、刺身は新鮮でボリュームもあり、おすすめの地魚料理店です。
 
店舗は「道の駅ちくら・潮風王国」から200mほどですが、途中の道が狭く脱輪の可能性もあるので、大型車は道の駅に車を停めた方が良いでしょう。
 
花のえんの店舗外観画像
 
周囲は千田の花畑。1月~3月は花摘み客でにぎわいます。
 
千田の花畑の画像
 
宴会は50名まで可能です。
 
花のえんの店内画像
 
一番奥の部屋は海が見える席があります。
 
花のえんの店内の画像
 

地魚お刺身盛り合わせ定食

 
花のえんの看板メニューの一つ目が、地魚お刺身盛り合わせ定食。
一切れが大きく鮮度抜群。今が旬の菜花のごま和えが付いています。今日の刺身は南房総産のアジ、マダイ、ヒラメ、ホウボウ、スズキ。
 
地魚お刺身盛り合わせ定食の画像
 

地魚八寸海鮮丼

 
花のえんの看板メニューの二つ目が、地魚八寸海鮮丼。
丼が八寸(30cm)と大きくご飯が見えない位刺身の量が多いので1人前食べると満腹になります。
今日の刺身はシマアジ、マダイ、ヒラメ、ホウボウ、アジとあと1種類、高級魚がたくさん入っています。ご飯は酢飯です。
 
地魚八寸海鮮丼の画像
 

まんぼうの百尋(ひゃくひろ)の塩焼き

 
一尋は両手を広げた長さで、百尋は、この百倍なので非常に長いという意味で腸の事です。コリコリとした食感の珍味です。
なお、南房総ではマンボウの刺身を出す飲食店も多くあります。
 
まんぼうの百尋(ひゃくひろ)の塩焼きの画像
 

ランチメニュー

※メニューは2019年1月時点のものです。詳細はお問い合わせください。
 
・自家製焼きギョーザ(15個)定食
・地アジフライ定食
・大粒カキフライ定食
・地魚さんが焼き定食
 さんがは房州の郷土料理。なめろうを焼いたものです
・あじ刺しさざ波丼
・もりもりあじのたたき丼
・特盛りあじのなめろう丼
 なめろうがご飯より多い
・地魚お刺身盛り合わせ定食
・地魚八寸海鮮丼
・特大エビフライ定食
・大きな地金目鯛の煮付け
・サザエのつぼ焼き
花のえんのランチメニューの画像
 

夜メニュー

 
・焼きそば玉子のせ
・〆のラーメン
・トロトロ豚モツ煮
・豚モツ鍋
・おにぎり(梅、鮭、にんにく)
・かに雑炊
・豚ロース生姜焼き
・豚ロースあぶり塩焼き
・地あじフライ
・豚ロースカツ
・大粒カキフライ
・特大エビフライ
・お好み焼きシーフード
・お好み焼きシーフード(やきそば入り)
・バニラアイスクリーム

お持ち帰りメニュー

・焼きギョーザ(25個)
・豚もつ煮
・お好み焼きシーフード
・お好み焼きシーフード(やきそば入り)
花のえんの夜メニューの画像
 

一品メニュー

・さざえのつぼ焼き
・とこぶしの煮付け
・アワビの肝バター炒め
・アワビの天ぷら
・アジのカルパッチョ
・地魚のカルパッチョ
 
花のえんの丼・定食の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています