サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

とんねる水族館(鴨川市天津)

トンネル水族館のイルカの壁画

とんねる水族館(とんねるすいぞくかん)

 
鴨川市の内浦から小湊へ抜ける『実入(みいり)トンネル』には、全長233メートルにわたって、トンネルの壁に海中の魚たちの絵や鴨川市の海の絵が描かれています。
 
2018年12月現在新しいトンネルを建設中で、これと平行する歩道トンネルに壁画が描かれています。下の画像は天津側の入口です。
 
とんねる水族館の入口の画像新実入トンネルの画像

 

360°ビュー

 
画像の中心をクリックすると先へ進めます。
 

 

トンネル水族館とは

 
トンネル水族館は、トンネルを利用する方々が安心して楽しく通行でき、新しい観光ポイントになるようにとの思いから平成十七年十一月に完成したトンネル壁画です。
当初は有志のボランティアでスタートし、行政や市民など延べ900名、2年の歳月をかけて完成しました。
・壁画作成指導 日本美術家族連盟会員 大森良三
・壁画作成協力 女子美術大学 学生有志
・作成協力 鴨川青年会議所、ボーイスカウト、天津小湊第1団、鴨川市職員有志、鴨川市民有志、大森良三後援
 
トンネル水族館の説明板
 
天津側の入口には鴨川の海の風景や漁村の様子などが描かれています。
 
鴨川市の海辺の壁画
 
漁港の風景
 
鴨川市の漁村の風景画
 
ミノカサゴ、ハリセンボン、ツノダシなどカラフルで竜宮城のようです。
 
ミノカサゴ、ハリセンボンの壁画
 
海亀
 
海亀の壁画
 
トンネル内は壁画の他に鴨川市で見られる野鳥の説明もあります。
 
青サギの説明板チュウサギの説明板

 
大きいのがミギマキ、小さいのはイサキの幼魚でしょうか?イサキの幼魚は本物そっくりで生きているようです。
 
ミギマキの壁画
 
タコ
 
タコの壁画
 
名称不明の魚の壁画
 
このサメはツノがあり迫力があります。
 
ツノがあるサメの壁画
 
アクアラングの壁画
 
カジキ
 
カジキの壁画
 
サメ
 
サメの壁画
 
カンダイ(コブダイ)
カンダイの壁画
 
アオブダイ
アオブダイの壁画
 
ホウボウ、イカ
ホウボウとイカの壁画

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています