サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

前田神社/大宮神社

前田神社の拝殿の画像

前田神社(まえだじんじゃ)/大宮神社(おおみやじんじゃ)

 
前田地区の田園地帯の一角に鎮座する神社です。鳥居には前田神社、拝殿には大宮神社と記されています。
 
【祭神】大己貴命(おおなむちのみこと)→大国主神
【御朱印】なし
【由緒】参考:丸山町史
詳細は不明のようですが、社伝記によると神亀元年(724年)創建とあります。口碑によれば、治承四年(1180年)九月源頼朝が丸郷を訪れたとき、当社も参拝し戦勝を祈願され神刀と幣帛(へいはく)を賜ったとされます。正長年間(1428年~1429年)に丸但馬守が社殿を造営し御供料を寄進したと伝えられます。境内付近には宮前、鳥居前、御初穂免、神楽免、大宮免などの地名が残されています。
 
田園風景の中に鎮座する前田神社の画像
 

鳥居

 
平成19年12月吉日奉納
 
前田神社の鳥居の画像
 

常夜灯

 
かなり読みづらいですが、明治三十一年(1898年)二月奉納です。
 
常夜灯(左)の画像常夜灯(右)の画像

 
参道はすべて坂道です。
 
前田神社の参道の画像
 
参道右側には庚申塚があります。
 
前田神社の庚申塔の画像
 
前田神社参道の階段画像
 

手水鉢(ちょうずばち)

 
参道の階段を上りきった左側には小さな手水鉢があります。
 
前田神社の手水鉢の画像
 
江戸時代末期の安政六年(1859年)未九月吉日奉納です。
 
手水鉢の年代の画像
 
拝殿右は社務所?集会所?何の建物なのか分かりませんでした。
 
拝殿右の建物の画像
 

拝殿

 
拝殿は、享保二年(1717年)に改修されました。
 
前田神社(大宮神社)拝殿の画像
 
大宮神社の額の画像
 
左が出羽三山の参拝記念(明治三十一年)右が大震記念碑です。
 
大震記念碑の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています