サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

盛栄堂 和田の人気和菓子店【南房総家族時間】

盛栄堂のかご入り娘の画像

盛栄堂(せいえいどう)

 
南房総市和田浦の「盛栄堂」は、創業が大正三年(今年で104年目)の和菓子の老舗です。
伝統的な和菓子の他にも季節ごとの新しいお菓子を作り続ける人気店です。
 
上の画像は春限定の「かご入り娘」。大福の中にいちごが入ったお菓子で、つぶあんとミルクあんの2種類があります。
このお菓子は非常に人気があり、店に訪れるほとんどのお客さんが購入していました。
 

桜餅

 
塩漬けの桜葉の香りが春を感じます。
 

早わらび

 
求肥かのこ製
 
盛栄堂の桜餅の画像早わらびの画像

 

生チョコ餅

 
チョコ餅でチョコ餡と生チョコを包んだ3層構造。甘さ控えめのしっとりとした生チョコが美味しい!
 

くじら饅頭

 
南房総名物のくじら饅頭。黒糖を使い、揚げたかりんとう風味の皮が香ばしい。中はさっぱりとしたこしあんです。
 
生チョコ餅

 

菜の花街道

 
黄身そぼろ餡をつぶ羊羹でサンドして、上には色鮮やかな、房総菜の花が入った蒸しカステラが乗っています。
 

栗ごろごろ

 
甘栗がたっぷり入った蒸し羊羹。
 
菜の花街道と栗ごろごろの画像
 

和三盆糖

 

和三盆は主に香川県や徳島県で生産される高級砂糖。盆の上で砂糖を3度ほど「研ぐ」ことが名前の由来となっていて、生産の作業が複雑で寒冷時しか作ることができず、白下糖から和三盆を作ると全量の4割程度に目減りし、途中で原料の追加もできないため、砂糖としては最も高価である。
黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味を持ち、淡い黄色をしており細やかな粒子と口溶けの良さが特徴です。(wikipediaより抜粋)

 
和三盆の画像の画像
 
店内は常時40種類以上のお菓子が並び、お客様が頻繁に来店されます。
 
盛栄堂店内の画像
 
バレンタイン、ハロウィン、クリスマスなど季節のイベントごとに新しいお菓子が作られます。
 
盛栄堂店内の画像
 
ハロウィンのお菓子
 
盛栄堂 ハロウィン和菓子の画像
 
4代目店主の長谷川浩司さん。
 
・厚生労働省 菓子製造技能士一級 平成27年取得
・厚生労働省 ものづくりマイスター 平成28年取得
 
盛栄堂の桜餅の画像早わらびの画像


 
お店はこの吊橋が目印です。
 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています