サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

百笑園【生でも美味しいとうもろこし/神戸レタス】

百笑園の外観画像

百笑園(ひゃくしょうえん)

 
館山市藤原の百笑園は南房総産の農産物直売所です。また、野菜収穫体験/農家体験/就農・半農相談なども通年実施しています。
店舗は大きくはありませんが、生でも美味しいとうもろこし、神戸レタスなど特徴のある農産物が販売されているのでテレビでも放映されました。
 
百笑園の店舗外観
 

イタリア野菜コーナー

 
イタリア野菜コーナー
 
白浜豆腐工房の生絞り豆腐はテレビで紹介され話題となっている豆腐です。大豆を火入れせずに生のまま絞る中国古来の製法で作られた無添加豆腐です。
 
千葉県鶏卵品質改善共進会の大臣賞を2度受賞している宮本養鶏の卵。名古屋コーチンやアローカナの卵がおすすめです。
 
白浜生絞り豆腐宮本養鶏の卵

 
アローカナ、名古屋コーチン、烏骨鶏の卵の画像
 
安西農園ここで生産する野菜はすべて、全てちばエコ農産物を取得しています。おすすめは神戸レタス、味来という生でも美味しいトウモロコシです。
 

生でも美味しいとうもろこし

 
百笑園で特に人気があるのがこの「未来」という生でも美味しいとうもろこし。1本70円~150円と値段もお手頃です。
百笑園の生でも美味しいとうもろこしの画像
 
こちらは150円ですが、味は変わらないそうです。
 
百笑園の生でも美味しいとうもろこしの画像
 
少し試食させてもらいましたが、とても甘くジューシーで10本も購入しました。とうもろこしは味が落ちるのが早い野菜なので購入したら早く食べた方が良いでしょう。
生でも美味しいとうもろこしは、この「未来」が主力だそうですが、他にも数種類試しているそうで、主な品種と時期は次の通りです。
・未来 (5月~7月中旬)
・ゴールデンタイム(6月~~7月下旬)
・ピュアホワイト(6月下旬~7月下旬)
・ゴールドラッシュ(8月)
 
百笑園の生でも美味しいとうもろこしの画像
 
安西農園のトマト神戸レタス

 

神戸レタス

 
神戸(かんべ)レタスは、館山市の神戸周辺で栽培されるブランドレタス。
海に近ミネラル豊富な砂地で栽培されるため甘味があり市場での評価が高いレタスです。温暖な気候を生かして冬(12月下旬~4月中旬)に生産され、。ヨトウムシやタバコガなどの害虫からレタスを守るために、防蛾灯を点けたりフェロモントラップを仕掛けたりして、農薬の使用量を通常の五分の一程度に減らしています。百笑園の店舗前には安西農園のレタス畑があり、新鮮なレタスを購入することができます。
 
神戸レタスの農園
 
館山フルーツ工房は手作り無添加ジャムを生産するジャム工房です。
あけび、パッションフルーツ、青パパイヤ、ドラゴンフルーツ、梨、 フェイジョアジャムなど多くのユニークなジャムを生産しています。
トマトジャムはトマト、レモン、砂糖で作ったトマトの旨味が凝縮されたジャムです。
パッションフルーツは台湾では、百香果と呼ばれています。
 
OPAのドレッシング
 
トマトジャムと百香果ジャムオーパドレッシング

 
館山産スイカブルーベリー

 

ユメカナエ米

 
千葉県でのみ生産されている健康米。じん臓で吸収されるたんぱく質が少なく体に優しい米です。粘りが少なくさっぱりとした食味なのだそうです。
知人の寿司店店主が、いつも粘りが少ない米を探しているので紹介してみようと思います。
 
ユメカナエとコシヒカリ

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています