サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

台風15号における義援金のお願い

特に南房総全域で猛威を奮った台風15号ですが、屋根が吹き飛ばされたり道路標識が多数折れ曲がったりなど甚大な被害が発生しております。
現在でも各地で断水や停電が続いており、復旧までに今後多額の費用がかかる事が予想されます。
皆様の温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
台風で倒壊したガソリンスタンド 電柱の倒れたカーネーション団地 折れた館山市天然記念物「さいかちの木」 台風による漂流物の流れ着いた多田良海岸 屋根が壊れて修理中の市内集会所 電信柱が折り重なる館山市内
義援金受付特設ページ

日枝神社の御神的(おまと)神事【千葉県指定文化財】

日枝神社の御神的神事

増間日枝神社の御神的(おまと)神事

 
毎年3月1日に南房総市増間の日枝神社の境内にて御神的神事が行われ、多くのカメラマンが訪れます。
 

御神的神事とは

 その年の作物の豊凶を占う御歩射(おびしゃ)の行事です。
 選ばれた2人の射手は、垢離(ごり)の淵で水浴潔斎(けっさい)した後、紋付き羽織袴に着替え、祭典を終えると
 御神的神事が始まります。
 
 的は二十三間半(約43m)先にあります。2人の射手は早生(わせ)・中生(なかて)・晩生(おくて)に分けて矢を2本づつ交互に三回十二本全部で三十六本射ります。
 的の当たり具合でその年の作物の豊凶を占う神事です。
  
 日枝神社の御神的の起源は元正天皇の頃(715年~723年)とされています。
 この日枝神社の御神的神事は古来の民俗儀式を折り目正しく伝えるものとして、千葉県無形民俗文化財(昭和38年5月4日)に指定されています。
 
千葉県ホームページ増間の御神的神事
 
 2人の射手が矢を持って神社の中に入り祭典が行われます。
御神的神事の祭典
 
14:00頃になると射手が境内に降りてきて御神的神事が始まります。
御神的神事の祭典
 
住所:千葉県南房総市増間552 日枝神社
日時:毎年3月1日 13:00頃から祭典が行われます。
駐車場:なし 県道258号増間ダム入り口の駐車場に車を停めて徒歩10分位です。
 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています