サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

Fisherman’s house Araking【漁師体験ができる宿】

テラスでビールを飲む女性

Fisherman’s house Araking(フィッシャーマンズハウスアラキング)

 
南房総市千倉町の「Fisherman’s house Araking」は漁師体験や農業体験ができる1日1組限定の宿。
オーナーの荒木さんは現役の漁師であり、白間津漁港でイセエビやサザエの網外し、漁の後に魚捌きなど体験できます。
 
荒木さんは海外勤務経験が長く英語も堪能。荒木さんの人柄に惹かれ海外からのお客様も多い宿です。
 
南房総市移住・起業支援サイト南房総的起業人Fisherman’s house Araking&漁師 荒木宏一さん【Iターン】
白間津港全景
 
千倉大橋からの眺めは最高!初日の出の人気スポットです。
千倉大橋の夜明け千倉大橋から太平洋を望む

 
宿から徒歩1分の白間津(しらまず)港はアジ、クロダイなど釣りの好ポイント。港内は安全でファミリーフィッシングに向いています。
ポイントなどは白間津港の釣りをご覧ください。
白間津港全景
 

白間港の千倉大橋を空撮(YouTube)

 

千倉大橋は町のシンボル的存在。千倉町の中でも特に眺めの良い場所です。

 
出漁は夜明け前。漁場は目の前です。
夜明け前の白間津漁港
 
日の出直後に帰港しイセエビやサザエを網から外します。
帰港する荒木さんイセエビの網外し

 
イセエビとザザエが獲れました。時には面白い魚も獲れます。写真はサカタザメとハリセンボン。サカタザメは名前はサメですがエイの仲間。IUCNは保全状況を近絶滅種としていて、インドでは肉が珍重されているようです。(ウィキペディアより)
ハリセンボンは体中に棘のあるお馴染みの魚。
イセエビとサザエサカタザメとハリセンボン

 
宿泊棟は房総フラワーライン(国道410号)線沿い。
宿泊施設の外観
 
客室は8~10畳。最大5名まで宿泊できますが、推奨は4名です。
宿泊部屋
 
広いウッドデッキではBBQが楽しめます。奥に見えるのは露天風呂。
ウッドデッキ
 
シンク、冷蔵庫などのBBQ設備。魚捌き、干物作り体験もできます。
BBQ設備
 
ノラネコでも人懐っこいです。大抵はここにいます。
猫

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています