サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

大衆焼肉 さかぐら【館山駅徒歩4分】

さかぐらの上カルビ

さかぐら

 
今日は夕飯を食べに館山駅そばの焼肉店「さかぐら」に来ました。お店はオープン(2019年11月)して3ヶ月になりますが、今日初めて来店しました。
同じ名前でイオンタウン横に「栄蔵(さかぐら)」という焼肉店がありますが、この2店は系列店です。
 
店舗は館山駅西口から約300m、徒歩約4分、カラオケ館の隣り。駐車場は店舗前です。
さかぐらの店舗外観
 
17時を過ぎると続々とお客さんが入店してきます。店舗前にはカルビ・ロース・ハラミ¥480と書いてあり、特に若者に人気のようです。
 
店内は全面リニューアルされていて大変綺麗です。テーブルは4卓あり個室のように仕切られているので、落ち着いて食事ができます。
個室(掘りごたつ)は2部屋あります。
さかぐらの個室
 

上タン塩

肉質は柔らかで適度な噛み応えがあります。サッパリしているのに深い旨みがあるタン塩は焼肉の始めには欠かせない存在です。
上牛タン塩
 
上牛タン
 

ロース

480円とリーズナブルですが固くありません。
ロース
 
調味料は、焼肉のタレ、ポン酢、塩、胡椒とコチジャンとヤンニンジャンです。
今まで全然気にしたことはありませんでしたが、コチジャンとヤンニンジャンって何から出来ているのでしょう?
 
Wikipediaで調べてみました。
コチジャンは朝鮮半島でよく使われる調味料で日本では唐辛子味噌などとも呼ばれています。もち米粉・唐辛子粉などから作られる醗酵調味料で日本の物は甘味が強いとあります。
確かに日本で使うコチジャンで蚊等辛いと感じたことはありません。
 
薬念醤(ヤンニンジャン)も韓国の調味料で薬味醤油という意味だそうです。原材料は醤油、コチュジャン、ごま油、唐辛子などでごまの香ばしさと強い辛味が特徴だそうです。
コチジャン同様に日本のヤンニンジャンは甘味が強いそう。私は辛い物が苦手なので日本製のものが好みです。
調味料
 

冷麺

麺は中太、滑らかで柔らかいのにコシはあります。お酢が付いてくるので途中で入れると後味サッパリです。
冷麺
 

たまごクッパ

クッパは「キムチクッパ」「カルビクッパ」「たまごクッパ」の3種類。たまごクッパはたまごの甘味を感じる優しい味わい。
玉子クッパ
 

メニュー

※メニュー・料金は2020年2月時点のものです。

前菜・サラダ

■枝豆
■韓国のり
■明太子
■クリームチーズ
■チョリソー
■キムチ
■チャンジャ

タラの胃袋のキムチ漬け

■モヤシナムル
■豚足
■にんにくホイル
■ごま塩キュウリ
■千枚刺し

牛の第三胃部分。コリコリとした食感が特徴

■包み菜
■ツナサラダ
■サムチェムサラダ
 

焼物

■カルビ・ロース・ハラミ

480円!!

■タンシタ

牛タンの根元の部位

■タン塩/上タン塩
■上カルビ
■上ロース
■シマチョウ(テッチャン)

牛の大腸。マルチョウより脂が少なく歯ごたえがある

■マルチョウ(コテッチャン)

牛の小腸。脂が多く濃厚で甘味がある

■ミノ

牛の第一胃袋。コリコリとした食感

■レバー
■豚トロ
■豚カルビ
■豚テッポー

豚の直腸。弾力があるが歯切れがよく柔らか

■コリコリ軟骨
■塩ホルモン
■鳥つくね
■ヤゲン軟骨

鶏の胸骨の先端の軟骨。コリコリした食感でコラーゲンが豊富

 

飯物・スープ

■ごはん(大/中/小)
■明太子ごはん
■クッパ(キムチ/カルビ/たまご)

スープの中にご飯が入った韓国料理

■うどん(キムチ/カルビ/たまご)
■冷麺(ハーフもあり)
■スープ(たまご/野菜/わかめ)
さかぐらのメニュー(前菜・焼物・飯)
 

ドリンクメニュー

さかぐらのメニュー(ドリンク)

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています