サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

earth tree cafe【鴨川市のオーガニックカフェ】

earth tree cafeの日替わり雑穀プレートの画像

earth tree cafe(アースツリーカフェ)

 
鴨川市広場のearth tree cafeは無農薬・無化学肥料で育った食材を使用メニューが人気のオーガニックカフェです。
 
店舗は外房黒潮ライン(国道128号線沿い)鴨川シーワールドから徒歩で4分位の場所にあります。
営業時間は朝が8:00~とモーニングの時間帯から営業していて、夜もラストオーダーが22:30とカフェとしては長時間営業です。
 
earth tree cafeの店舗外観
 
店内は洒落た造りとなっていて、アロマ、オーガニック食材、雑貨などが展示販売されています。
 
earth tree cafeの店内
 

日替わり雑穀プレート

 
下の画像が名物の『日替わり雑穀プレート』。無農薬・無化学肥料の野菜を使い「毎日食べれる」をテーマに10種類以上の野菜、穀物、海藻が摂れるようになってます。
今日の献立は上のサラダから時計廻りに
・サラダ(レタス・ラディッシュ・キヌア)
・キュウリの漬物
・厚揚げとピーマンの味噌炒め
・ヒエのフライ
・ニンジンとセロリの漬物
・りんごの寒天
・ふろふき大根
カツは肉でも魚でもなくヒエのフライ。白身魚のような食感で美味しいです。
 
雑穀プレートと一緒に季節限定のハーブティー(『和』blend)を注文しました。
 
earth tree cafeの雑穀日替わりプレート
 
雑穀米は黒ゴマと細切りの生姜がアクセントとなっています。
お店で使っている玄米は山形新庄の幻の米『さわのはな』で販売も行っています。
 
雑穀米のアップ
 

ランチメニュー(11:00~14:30)

 
※メニュー・料金は2019年10月現在のものです。
※メニューは野菜中心ですが、菜食主義やビーガンという訳ではなく、肉も使っています。
■日替わり雑穀プレート

『毎日食べれる』をテーマに旬の野菜、玄米と雑穀、海藻など10種類以上摂れるようになったプレート

■グリーンボウル(green bowl)

ファラフェルと野菜たっぷりのヘルシーなボウル

 ※ファラフェルは潰したひよこ豆やなどに香辛料を混ぜ油で揚げた中東の料理です。
■旬野菜とプロシュートの冷製(cold pasta)

数種類の野菜やパルマ産プロシュートと一緒に楽しむ賑やかなパスタ

■チャンプル(campur)

様々な食材を一皿に盛り付けて色んな味を楽しむ東南アジアスタイルのワンプレート※玄米orジャスミンライス

■緑のカレー(green curry)

ココナツ風味のアースツリーオリジナルカレー

 

SANDWICH

■本日のサンドウイッチ(todays special)
■キッズチーズサンド(kids sand)

チーズ&ハムの天然酵母を使ったサンド(小学生限定)

 

SIDE

■生ハムとパルミジャーノのサラダ(prosciutto salad)
■平飼い有精卵の目玉焼き(fried free range eggs)
■さわのはなの玄米おにぎり
■惣菜三種盛り
 ・サルシャッチャ レモン&パセリ
 ・サルシャッチャ 粗挽スモーク
 ・チョリソーサルタ
 
earth tree cafeのランチメニュー
 
季節限定ハーブメニュー(左下)とスーツメニュー(右下)
 
ハーブティーメニュースイーツメニュー

 
本日のメニューはこの黒板に書いてあります。
 
earth tree cafeの本日のメニューearth tree cafeの案内板

 
1階は個室もあります。
 
earth tree cafeの1階個室1の画像earth tree cafeの1階個室2の画像

 
調味料、お茶、アロマ製品など様々な雑貨が展示販売されています。
 
調味料・お茶などの展示販売コーナーアロマ製品の展示販売コーナー

 
2階は4席です。 
 
2階への階段earth tree cafeの2階席

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています