サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

KUJIKA The oven【予約制の隠れ家パン】

KUJIKA The oven

 
南房総市和田町の「KUJIKA The oven」は珍しい予約制のパン屋です。この店は金谷の香豆珈琲で「BOSO COFFEE Ⅱ」とい本を読んでその存在を知りました。私は常に新しいお店を探していて、国道128号線沿いもくまなく調べたつもりだったのですが「KUJIKA The oven」についてはまったく気が付きませんでした。
 
オープンは2020年4月。場所は、いわし料理の名店「なむら」の裏側です。
入口に案内板などは一切無いので、偶然通りかかった人がこのお店を見つけるのは不可能です。
現在はカフェを建設していてプレオープン中なので宣伝はしていないようです。
いわし料理なむら横の入口
 
なむら横の砂利道を降りて行くと店舗が見えてきます。私は本で知ってここに来ましたが、本当に営業しているのか少し不安になってきます。
KUJIKA The ovenの建物
 
下に降り駐車場に車を停めます。どこが入口か分かりませんが、一番手前のドアを開けてみました。
ドアを開けた瞬間に香ばしくて少し甘いパンの香りが漂ってきます。この時、ここのパンは絶対にウマいと確信しました。
KUJIKA The ovenの入口
 
今日のパンは大きなバケット、レーズンとクルミのパン、シナモアップルの3種類。
予約していなかったので、予備のレーズンとクルミのパン、シナモアップルを購入しました。
KUJIKA The ovenの店内
 
ついでに「BOSO COFFEE Ⅱ」の本も購入。
BOSO COFFEE Ⅱの表紙BOSO COFFEE ⅡのKUJIKAの紹介

イートインスペースは現在建設中とのことなので家に持ち帰って食べてみました。
下の写真はレーズンとクルミのパン。一口食べてみると最初に皮の香ばしい香りが口の中に広がります。お店に入った時と同じ香りです。それから、レーズンのフルーティーな香りとクルミのコクを感じます。そして、ハード系の醍醐味である噛めば噛むほど小麦の味が出て来るタイプのパンです。
レーズンとクルミのパン
 
周囲はビスケットのようにサクッとクリスピー。中のアップルシナモンは酸味と甘みのバランスが良くとてもジューシー。
シナモンアップルのパン
 


 

※注文方法:予約は水曜までInstagramまたは電話0470-46-4975で受付け
 金曜日15:00~受取り

Instagramhttps://www.instagram.com/kujikatheoven/

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています