サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

南房千倉大橋/南房千倉大橋公園

南房千倉大橋は白間津(しらまづ)漁港をまたぐ形で架かる千倉のシンボル的存在で、太平洋を一望できるビューポイントとして名高く、初日の出撮影や夕暮れ時には、写真愛好家が集まるフォトジェニックなスポットとなっています。
通称は「千倉大橋」と呼ばれ、全長150mの橋は、人魚や花売りの少女をモチーフにした像が建てられています。歩道のタイル絵は地元出身イラストレーター安西水丸氏のデザインで、海と花の町千倉が誇るパノラマ展望スポットです。
南房千倉大橋公園は、湾口に前述の大橋の掛かる白間津漁港に併設する公園で、地域住民の憩いの場となっています。
 

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています