サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

神明神社(館山市笠名)

神明神社(館山市笠名)(シンメイジンジャ)

 
 平安時代末期の嘉保(1094年~1095年)に安房の国の国司であった「源親元」(みなもとのちかもと)の伊勢神宮の遥拝所として創建されたと伝えられています。
(神社内の看板より)
 

笠名神明神社の神輿

  
 昭和5年区内の名工、安藤茂左衛門家第7代寅松、第8代治助により作成されました。彫刻は3代「後藤義光」によるものであり、左は神武天皇東征、右は高砂の松、
 翁と媼と鶴と亀を配しためでたいものです。
 
神明神社の神輿小屋 
祭神:髙皇産霊神(たかみむすびのかみ)
   天照大神(あまてらすおおみかみ)
住所:千葉県館山市笠名47
駐車場:あり
他の神社仏閣を探す
 
南房総の情報サイト_房総タウンTopへ戻る_
 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています