サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

舎那院

舎那院山の磨崖佛

舎那院(シャナイン)

 
山号:大日山
宗派:真言宗
 

舎那院の磨崖仏(まがいぶつ) 館山市指定文化財

 
舎那院の南方に、土地の人から「お大日山」とよばれる山があります。この山腹の凝灰質砂岩(ぎょうかいしつさがん)に、高さ196cm、膝張150cmの如来形の坐像が彫られています。信者により彫られたとされていますが、年代は不明です。かつては、磨崖仏を覆うお堂が建てられ、そこに人々が集まりお大日様のお篭(こも)りをしたといいます。磨崖仏は、県内でも数が少なく、たいへん珍しいものです。
 
磨崖仏の画像
 

舎那院の本堂

 
本堂の画像
 
 磨崖仏の周辺には個性的なお墓が多数あります。かなり古い物のようです。
 
本堂裏の古いお墓1
 
 
本堂裏の古いお墓2
 
 
本堂裏の古いお墓3
 
住所:千葉県館山市大網111
TEL:0470-23-3774
駐車場:あり
 
他の神社仏閣を探す
 
南房総の情報サイト_房総タウンTopへ戻る_
 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています