サイドバーを出す
房総town.com

金蓮院

金蓮院の境内

館山市犬石 / 寺院


金蓮院(コンレンイン)

 
 山号:金剛山慈眼寺
 宗派:真言宗智山派
 本尊:大日如来(金剛界像)
 
 安房国札観音の第二十九番
 安房国八十八ヶ所第五番
 

金蓮院の略記(境内の看板より)

 
 開山は鎌倉時代前期(1232年)です。古文書には伊豆から来た高僧が、犬尾岬を訪れたところ、真っ黒で大きな犬が現れ、
 高僧の法衣の裾を咥えて離さず、大きな石塚のあるこの地まで導いて、犬は大喜びしました。
 制止することができなくなった高僧が、その石塚に登り観音経を唱え、錫杖を打ち振ったところ、
 六つの輪が十方に飛び散り、犬の姿も消えていたといいます。
 そこでこの地に、観世音菩薩を安泰するお堂を建てたのが、金蓮院の始まりと記されています。
 
 正面には本堂があり、左には朱色に塗られた観音堂があります。本堂の欄間には、初代 信由と二代信常との合作である「波と親子龍」の伊八の彫刻があります。
 

観音堂

 
金蓮院の観音堂の画像
 

山門

 
金蓮院の山門の画像
 

本堂

 
金蓮院の本堂の画像
 

梵鐘

 
金蓮院の梵鐘の画像
 

宝篋印塔

 
金蓮院の宝篋印塔の画像
 

大賀ハス

 
 1951年に千葉県の検見川遺跡から2000年前のハスの実が3個発見されました。大賀博士はその内の1個の発芽に成功し、
一躍世界的に有名になりました。平成6年に3個の実を譲り受け、3年後の平成10年7月8日に開花しました。
 
金蓮院の大賀ハスの画像
 

手水石

 
金蓮院の手水石の画像

金蓮院の地蔵の画像
 
 住所:千葉県館山市犬石379
 TEL:0470-28-0159
 駐車場:あり
 
他の神社仏閣を探す
 
南房総の情報サイト_房総タウンTopへ戻る_