サイドバーを出す
房総town.com

小網寺

小網寺の本堂

館山市出野尾 / 寺院


小網寺(コアミジ)

 
山号:金剛山小網寺
宗派:真言宗智山派
本尊:不動明王
安房国札三十四観音の三十二番札所です。
和銅3年(710年)行基による創建と伝えられています。
本堂は明治23年(1890年)創建。大正12年の関東大震災で倒壊しましたが、翌年に再建されました。
 

初代後藤義光の彫刻

 
本堂の向拝には初代後藤義光が78歳の時に彫った彫刻があり、初代義光の最高傑作の一つとされています。
 
小網寺の龍の彫刻
 
小網寺の獅子の彫刻
 

小網寺の文化財

 
 ◎小網寺の梵鐘(ぼんしょう) 国指定重要文化財
 
 千葉県ホームページ小網寺の梵鐘
 
 ◎小網寺鋳銅密教法具(こあみじちゅうどうみっきょうほうぐ) 千葉県指定有形文化財(工芸品)
 
 千葉県ホームページ小網寺鋳銅密教法具
 
 ◎木造聖観世音菩薩立像 館山市指定文化財
 
 
 国の重要文化財に指定されている梵鐘(ぼんしょう)は、鎌倉時代に鋳物師物部(もののべの)国光が製作したものです。
 
国指定重要文化財 小網寺の梵鐘の画像
 
小網寺の梵鐘の側面
 
小網寺の梵鐘のアップ
 

観音堂

 
 明治初期の建築です。中には館山市指定文化財の「木造聖観世音菩薩立像」が安置されています。
 
小網寺の観音堂
 

歴代住職の墓

 
 観音堂の裏側には歴代住職の墓があります。
 
小網寺の歴代住職の墓
 

手水石

 
小網寺の手水石
 
 

仁王門

 
小網寺の仁王門
 
小網寺の仁王像
 
住所:千葉県館山市出野尾859
TEL:0470-23-7226
駐車場:あり
 
他の神社仏閣を探す
 
南房総の情報サイト_房総タウンTopへ戻る_