サイドバーを出す
房総town.com

青龍山能蔵院の火渡り行


本日はここ千葉県南房総市千倉町にある青龍山能蔵院という真言宗のお寺へお邪魔しました。
ここ能蔵院では毎年2月11日の建国記念日に「春の大祭」として柴燈護摩さいとうごまを焚き上げた後、山伏たちによる火渡り行、その後一般の方も火渡り行が行えることで、毎年たくさんの方が一年の無事を願い参られます。
今年は天気もよく、少し風はありましたが桜咲く温かい日でしたので、たくさんの方がお参詣にみえていました。
南房総家族時間 桜から覗く能蔵院
 
この護摩壇にて柴燈護摩、火渡り行が行われるようです。
南房総家族時間 火渡り行前準備
 
開催時間も近くなり、たくさんの参詣客が集まってきました。
南房総家族時間 人が増えてきた能蔵院
 
厳かな雰囲気の中、寺社前から山伏たちが法螺ほらを吹きながら護摩壇のある結界内へ集まります。
結界内を清浄にするのだという呪文を唱えつつ、四方の方角の空に向けて弓を放ったりと、儀式も見ていて見応えがあります。
南房総家族時間 山伏たちが行う護摩
 
そして護摩壇に火が入ります!
山伏が大きな団扇うちわを持ち、火をつけた炉に空気を送ると勢い良く炎が燃え上がります。
少し離れた場所で観覧していましたが、顔が火照るほどの火力で驚きました。
南房総家族時間 燃え上がる護摩の炉
 
山伏たちの集合から護摩を焚くまでのダイジェストを動画で撮影させてもらったので、実物ほどの迫力はありませんが御覧ください。

 
ある程度焚き上がったところで、炉を崩し火渡り行の準備が始まります。
南房総家族時間 護摩の炉を崩し火渡り準備
 
まずは山伏たちが火渡りを行います。
南房総家族時間 火渡りの開始
 
その後参詣者が、老若男女みな渡り始めます。
中には本当に小さな子も渡っていましたので、見ているコチラがドキドキしてしまいました(苦笑)
南房総家族時間 火渡りを行う人々
 
山伏の後、最初に渡る赤いかみしもを着た方は、年男・年女の方で、今年はさる年の方々ですね。
こちらも一般の方々が行を行う様子をダイジェストで御覧ください。

【宗派】真言宗智山派
【山号】青龍山
【住所】〒295-0022 千葉県南房総市千倉町忽戸146
【御朱印】下記にお問い合わせください。
  ※掲載されている情報が古い場合がございます。電話の際は、「房総タウン」を見たとお伝え下さい。
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-44-0588
【HP】能蔵院
他の神社仏閣を探す
 
南房総の情報サイト_房総タウンTopへ戻る_