サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

白浜ひものセンター【うつぼの干物】

白浜ひものセンターの店舗外観

白浜ひものセンター 薄塩・無添加・天日干しの干物

 
南房総市白浜町の『白浜ひものセンター』は薄塩・無添加・天日干しの手づくり干物/海の珍味を製造・販売する干物店です。
 
店舗前には七輪が用意されていて焼きたての干物が食べられるようになっています。
 
白浜干物センターの外観の画像
 
店舗横の水槽には活けのサザエ・ホンビノス貝が入っています。時期にもよりますが、南房総産の極上黒アワビも販売されています。
水槽の貝は、つぼ焼きなどにして、お店で食べることができます。
 
活けのサザエ、ホンビノスの画像
 
店内は干物をはじめとして、海産物の珍味や海藻類、お菓子などが販売されています。
 
白浜干物センターの店内画像1白浜干物センターの店内の画像2

 

うつぼ(ナマダ)の干物

 
白浜ひものセンターの名物がうつぼの干物です。南房総周辺ではうつぼの事をナマダと呼び、冬季にうつぼ漁が始まります。うつぼは小骨が多いものの刺身、から揚げ、干物などにして食べます。うつぼが食べられる飲食店はそれほど多くなく、館山市布良の相浜亭が有名です。
 
うつぼ(ナマダ)の干物の画像
 

 
南房総市にある和田浦漁港は日本に5ヶ所しかない捕鯨基地の一つであり昔から鯨を多く食べる地域です。
鯨のタレは鯨肉を醤油などに漬けて干したもので軽く炙って食べます。
 
左下:鯨ベーコン、いか肝あえ、粒うにの瓶詰、房州黒あわび肝塩辛(おすすめ)
右下:鯨の刺身(おすすめ)、皮の刺身、舌(さえずり)、鯨のタレ(おすすめ)、鯨ベーコンなどが入っています。
 
鯨ベーコン、イカ肝あえ、粒ウニの画像鯨のタレ、刺身の画像

 
左下:熟成鯨ハム、くじらジャーキー、鯨しぐれ煮、くじらみそ、鯨の大和煮の缶詰
右下:おかか明太、磯浅利、房州ポークのご飯ダレ、ゆずあさり、アワビが入った亀屋伽哩、ししゃもきくらげ、鯛みそ(なめみそ)、菜の花のてっぽう漬け
 
鯨ハム、大和煮の画像鯛みそ"の画像"

 
こちらの冷蔵庫には酒の肴にぴったりの珍味が並んでいます。
左下:たこジャ・辛、たこ塩辛(おすすめ)、たこわさび、たこ明太、いか塩辛、うるめいわし丸干し、さよりみりん干し、かわはぎみりん干し
右下:あわび酒盗(おすすめ)、いかのじゃん辛、おさしみわかめ(おすすめ)、生わかめ
 
塩辛の画像あわび酒盗、おさしみワカメの画像

 

ひものコーナー

 
真鯵、サンマ、さば文化干し、つぼ鯛、金目鯛(おすすめ)、カレイ、干物セット
 
つぼ鯛、カマス、干物セットの画像
 
この冷蔵庫の上には南房総市の社会貢献アイドル『ホワイトビーチ』のCDが販売されています。
 
鯵の干物、酒盗、ホワイトビーチのCDの画像鯵の干物の画像

 

海藻コーナー

 
海藻コーナーの画像地海苔の画像

 
天草の画像海苔の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています