サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

初めての狩猟講座【2019年3月】inヤマナハウス

第2回はじめての狩猟講座の案内

第二回 初めての狩猟講座

 
2019年3月16日(土)・17日(日)に南房総市山名のヤマナハウスにて『第二回 初めての狩猟講座』が開催されます。
 

【日時】一日だけの参加も可能!
 2019年3月16日(土)13:00~19:00 基礎の基礎
 2019年3月17日(日) 9:00~13:00 基礎から実演
【会場】〒294-0802 千葉県南房総市山名1395
【お申し込み】申込みフォーム
【交通】自家用車(上記住所まで直接お越しください)
    高速バス(ハイウェイオアシス富楽里下車)
   (参考)https://yamanahouse.site/access/
    ※バス停まで送迎いたします。16日は12時頃着、17日は8時頃着のバスで集合ください。
【参加費】①16日~17日通し(Step1&Step2):8,000円
     ②16日のみ(Step1):5,000円
     ③17日のみ(Step2):4,000円
     ※Step2受講資格はStep1受講者のみ(2018年12月22日のイベントはStep1に相当)
     ※リピーター割・ヤマナメンバー割:1,000円引
【定員】最大20人(最小催行人数10人)
【宿泊】宿泊は別途ヤマナハウスへ2,000円支払
【スケジュール】
<2019年3月16日土曜日>
13:00~13:30
 自己紹介(アイスブレイクpart.1)
13:30~14:00
 山名周辺の自然環境変遷
14:00~15:00
 狩猟の基礎
15:00~16:30
 ヤマナハウス裏山歩きと罠設置の実演
16:30~17:00
 休憩(アイスブレイクpart.2)
17:00~19:00
 ジビエバーベキュー
19:00~22:00
 狩猟談義(焚火予定)
 
<2019年3月17日日曜日>
8:30~9:00
 受付開始(自己紹介シート記入)
9:00~13:00
 罠設置の試験実践
 
■開催内容
南房総三芳地区の谷津田にある築300年の古民家「ヤマナハウス」を拠点として、里山の豊かな自然に触れ周辺の自然観察をしながら、狩猟の基礎を学びます。今回はStep1とStep2の2本立て。Step1を受けた人がStep2へ進めます。
 
夕食はジビエ肉のバーベキューでイノシシ肉(+α?)を堪能。
 
イベントは19時に一旦閉めますが、夜はまだまだ続きます。宿泊者は焚火を囲んで、狩猟や里山について語り合いましょう!
 
■注意事項
・初日の昼飯は各自取ってからご参加ください。
・交通は直接車または高速バスでお越しください。高速バスの場合は停留所まで送迎します。申込時に交通機関を選択ください。
・野外でも活動するので、運動靴・汚れても良い服装でお越しください。
・雨天/荒天の際は安全を考慮し主催者の判断で両日ともに座学となる可能性があることをご了承ください。
・ジビエは地元で精肉された肉となります。衛生面には十分注意して解体していますが、許認可を受けた施設のものではないため、自己責任になることを了承ください。
 
■Q&A
Q1.東京から参加したいのですが、可能でしょうか?
A1.送迎しますので、是非いらしてください。
Q2.体力に自信が無いのですが、参加可能でしょうか?
A2.参加可能です。裏山はゆっくり歩いて観察します。
Q3.ヤマナハウスで宿泊希望なのですが、布団はありますでしょうか?
A3.アウトドア用の簡単な寝具はありますが、基本は雑魚寝になります。寝袋持参推奨。古民家キャンプ!
 
■講師
沖浩志、元沢信昭
 
■主催者
沖浩志:館山市地域おこし協力隊(獣害対策支援)
 


 

第1回 初めての狩猟講座の様子

 
第1回は2018年12月22日(土)に開催されました。当日は前半が狩猟講座、後半はジビエバーベキュー大会が行われました。予定では狩猟講座の後に里山を散策することになっていたのですが、当日はあいにくの大雨で里山散策は中止となってしまいました。
 
狩猟講座の最初は安房地域の鳥獣被害対策や地域振興を手がける合同会社アルコの沖浩志代表(通称シマヘビ先生)の挨拶です。
 
沖代表の挨拶の様子
 
狩猟の講座の様子
 
罠の作り方から罠のかけ方、匂いの消し方など丁寧なレクチャーを受けました。
 
罠のかけ方の画像
 
狩猟の講座が終わるとジビエ焼肉パーティーです。
 
生肉の画像
 
鹿肉の部位
 
狩猟講座が終了したらお待ちかねのジビエ焼肉パーティーです。今回は猪、鹿、キョン、そしてアナグマです。
猪と鹿は今まで何回も食べましたが、キョン、アナグマははじめてです。
 
焼肉パーテーィーの画像
 
鹿の生肉の画像
 
これはキョンの肉。キョンはカモシカに似たシカの一種で環境省指定特定外来生物です。千葉県では勝浦市の『行川アイランド』から逃げ出したとされ、爆発的に増殖しており農作物への被害が深刻な状況です。シカの仲間なので肉の味もシカに似ています。
 
焼きあがった猪肉の画像
 
下はアナグマの肉。ほとんどが脂身です。インターネットで調べてみるとほとんどが高評価で美味しいと書いてあります。
実際に食べてみると完全に脂身なんですが、とても美味しい!脂に甘みとコクがありバターに少し似た味です。
私はアナグマはとても美味しいと感じましたが、苦手と言う方もいて賛否両論でした。
 
アナグマの肉の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています